週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

動くカセットテープが超見える

【実機レビュー】透け透け具合が最高!1万以下で買えるカセットテープポータブルプレーヤー

2023年08月10日 18時00分更新

東芝「AX-W10C」7700円(※ヘッドフォンは筆者の私物)

 ポータブルカセットプレーヤーは断然「ウォークマン」派なジャイアン鈴木です。私が初めて購入したウォークマンは2号機の「ウォークマンII WM-2」。あまりに愛着がありすぎて、整備品をオークションサイトで数年前に購入しました。しかし数ヵ月後に調子が悪くなってしまい、いまは本棚に飾っています。

 さてWM-2をいつか修理に出したいなと思いつつ、普段使いのポータブルカセットプレーヤーがほしいなーとAmazonやAliExpressを検索したり、ニュースリリースをチェックしていたら、先日ちょっと可愛い製品を見つけました。

 というわけで今回は、カセットテープが丸々透けて見えるデザインがいい感じの、東芝エルイートレーディングのBluetooth対応ポータブルカセットプレーヤー「AX-W10C」をレビューします。ウォークマンと連呼してゴメンナサイ。

 「AX-W10C」と同時に、カセット付きワイヤレススピーカー2モデルと、ワイヤレススピーカーも発売されています。

カセットふたの異なる
ふたつのモデルがラインナップ

 「AX-W10C」は録音、再生機能を搭載したBluetooth対応のポータブルカセットプレーヤーです。フタが透明な「AX-W10C」と、ボディーと同じくマットホワイトの「AX-W10」の2モデルが用意されています。スケルトンが大好物な私は断然「AX-W10C」が好み。でもでも、「AX-W10」にシールを貼ったり、この真っ白なボディにイラストを描いて「もらったり」するのもよいですね。

左が「AX-W10C」、右が「AX-W10」。価格は同じです

 カセットテープレコーダー部は、ステレオ(4トラック2チャンネル)に対応しており、また録音(DCバイアス録音、マグネット消去)も可能。早送り・巻き戻し時間は60分テープ(C60)で約3分。推奨テープは「ノーマル」で、「ハイポジション」や「メタル」には対応していません。

 筆者がカセットウォークマンを愛用していた時代には、オートリバース機能も普及機に搭載されていましたが、現代では必要なパーツを作れないため「ロストテクノロジー」となっています。この点はちょっと残念ですね。

製品パッケージ。「AUREX」は50周年の歴史を持つオーディオブランド。誕生50年を機に、新たなロゴに刷新されました

同梱品は本体、USBケーブル、説明書(保証書付き)。電池は別売りですが、USBケーブルでUSB ACアダプター、モバイルバッテリー、パソコンなどに接続すれば、電池なしでも動作可能です

 Bluetoothのバージョンは5.0、対応プロファイルはA2DP(Advanced Audio Distribution Profile)、AVRCP(Audio/Video Remote Control Profile)、通信見通し距離は約10m。Bluetooth対応スピーカーやヘッドフォンに接続すれば、ワイヤレスでカセットテープの音楽を再生できます。

 端子は、3.5mmステレオミニジャック(実用最大出力2.5mW+2.5mW、32Ωイヤフォン)×1、外部入力端子(AUX)×1、USB Type-C(給電用)×1を用意。電池は単3形アルカリ乾電池2本を使用。電池駆動時間は約16時間です。

 本体サイズは94×121.5×33mm、重量は乾電池なしで約0.2kg、乾電池含んで約0.23kg。ちなみに「ウォークマンII WM-2」の重量は乾電池なしで約226g。「AX-W10C」のほうがわずかに軽いわけですね。

本体前面には透明なカセットふたが取り付けられており、中が丸見え

背面には電池ふた、Bluetoothボタン、Bluetoothランプが設けられています

電池は単3形アルカリ乾電池×2を使用。電池の交換時期は「音が小さくなる、音がひずむ、音が飛ぶ、テープ速度が遅くなる、テープが正常に動作しない……などの現象」が生じたタイミング。電池残量を示すインジケーターは用意されていません。なんてアナログ! だがそれもいい! 

上面には音量ダイヤル、外部入力端子(AUX)×1、3.5mmステレオミニジャック(実用最大出力2.5mW+2.5mW、32Ωイヤフォン)×1、USB Type-C(給電用)×1を用意、下面にはバーチャルサラウンド切り替えスイッチを配置

左側面には停止(STOP)、早送り(FWD)、巻き戻し(REW)、再生(PLAY)、録音(REC)ボタンを装備

単3形アルカリ乾電池2本、カセットテープ込みの重量は実測278.5g

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう