週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

第13世代 Coreはゲームに対するインテルの“本物”の挑戦、ゲルシンガーCEO

2022年10月10日 09時00分更新

「第13世代インテル Core デスクトップ・プロセッサーは、史上最速のベスト・デスクトップ・プロセッサーであり、最高のゲーム、ストリーミングと録画体験を提供する。インテルのゲームへの挑戦が、本物であることが証明できる」

(米インテルのパット・ゲルシンガーCEO)

Raptor Lakeが世界にお披露目

 米インテルは、2022年9月27~28日(現地時間)に、米カリフォルニア州サンノゼで開催した年次イベント「Intel Innovation」において、第13世代インテルCoreプロセッサーを発表した。

 開発コードネームで“Raptor Lake”と呼ばれていたもので、デスクトップ向けの 第13世代インテル Core デスクトップ・プロセッサー Kシリーズ」は、10月20日から発売されることになる。今後、モバイル向けプロセッサーについても詳細を発表し、合計で55のSKUを投入することになるという。

 同デスクトップ・プロセッサーは、6つのSKUで構成。Intel 7プロセス技術とx86高性能ハイブリッド・アーキテクチャーを基盤にしており、最上位となるインテルCore i9-13900Kプロセッサーでは、最大24コア(8 P-cores、16 E-cores)、32スレッドに対応するとともに、クロック周波数は最大5.80GHzで動作し、ゲームやストリーミング、録画に最高レベルの体験を提供するという。

 Intel Innovationの基調講演において、米インテルのパット・ゲルシンガーCEOは、「ゲームやクリエイティブな没入型体験の未来は、高性能なCPUとGPUに依存するが、Core i9-13900Kプロセッサーは、史上最速のベスト・デスクトップ・プロセッサーであり、最高のシングルスレッド性能を実現し、最高のマルチスレッド性能を実現することができる。これまでで最高のゲーム、ストリーミングと録画体験を提供し、インテルのゲームへの挑戦が本物であることが証明できる」などとした。

 さらに、2023年初めには、業界初となる6GHzの動作周波数を実現するプロセッサーを数量限定で出荷する計画を公表。「初めて1GHzを超えたときのことを、昨日のように覚えている。それと同じように、6GHzはまさに画期的なものである。クライアントコンピューティングの大きなマイルストーンになる」と語った。

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう