週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

ショールームを兼ねたJAPANNEXT秋葉原オフィスに訪問

まるで物件探し!わがままばかりで知識ゼロの同僚のディスプレー選びに付き合った話

2022年07月17日 11時00分更新

ようやく見つかったベストディスプレー

 というわけで、基本に立ち返って条件をもう一度確認します。O山氏の不満点から希望をまとめると、「横に長くて、高さが調整できて、ピンとくる明るさで、大きすぎないやつで、空間にマッチしたサイズ」です。我々はそれを≒「27~30型ウルトラワイドモデルでIPSパネルを採用し、高さ調整とスイーベルに対応するスタンドを搭載するモデル」と解釈。

 この条件に見合ったものを今度はインターネットも駆使して再度探します。まあ、この手間を省きたいからこそショールームに来たわけですが、物件探しでも内見を重ねてダメなら、再度インターネットの力を借りることもあるでしょうよ! すると、答えは意外近くで見つかりました。なんとASCII.jpにめちゃ条件に合致した製品のレビュー記事が載っておったのです。

29型ウルトラワイドディスプレー「JN-IPS29WFHDR-C65W」。直販価格は3万4980円

 「JN-IPS29WFHDR-C65W」は29型のIPSパネルを採用したウルトラワイドで、解像度は2560×1080ドットとフルHDよりも作業領域の横幅が1.3倍広いモデルです。スタンドはチルト、スイーベル(右45度、左45度)、高さ調整(上下135㎜)に対応しており、ご覧の通りノートPCで隠れることはありません。

 しかも、USB Type-Cを介したKVM機能にUSB PD機能もあり、O山氏のノートPCとも相性ぴったり! OSDでは各種プリセットのほか、色温度まで選べ、HDR 10にも準拠と言うことなしです。

 「イッペイさん!わたしこれに決めました!」とようやくO山氏のOKもいただき、ほっと胸をなでおろす僕と剣持さん。これにてめでたしめでたしと、のべ2時間に及ぶディスプレー探しは幕を閉じるはずでしたが、すっかり気を良くしたO山氏のうかつなひと言でショールームに再び緊張が走ります。

O山氏「イッペイさん、これすごくいいディスプレーじゃないですか!ぜひレビュー記事を作るべきですよ!」

 O山ちゃん……。いや、これもうすでにレビュー記事出てるのよ。ジサトラユージが担当したASCII.jp記事「USB PDとKVMに対応する29型の21:9ウルトラワイド液晶が3万円台!その実力は?」でやってるのよ。担当のユージ君が泣いちゃうぜ…。まあ、僕も自分が担当していない記事だから、すっと最初から候補に挙げられなかった点はマジごめんだけど……。

 というわけで、これにて「知識ゼロの同僚のディスプレー選びに付き合った話」は一抹の気まずさを残して終了となります。みなさんも知人のディスプレー選びに付き合わされたら、ぜひ今回の「物件探し」法を試してみてくださいね。ちょっとでも気苦労が減れば幸いです。

JN-IPS29WFHDR-C65Wの主なスペック
パネル 29型IPS(ノングレア)
解像度(アスペクト比) 2560×1080ドット(21:9)
表示色 1677万色
輝度 250cd/m2
コントラスト比 1000:1
視野角 178度(水平)/178度(垂直)
リフレッシュレート 最大100Hz
応答速度 6ms
インターフェース HDMI 2.0、DisplayPort 1.2、USB Type-C、USB Type-B、USB Type-A×2、オーディオ出力ほか
スピーカー 3W×2
チルト +23~-20度
高さ調節 上下135㎜
スイーベル 右45度、左45度
ピボット -
サイズ(スタンドを含む)/重量 701(W)×185(D)×370-505(H)mm/約6.5kg
その他 KVM機能、AMD FreeSync、USB PD(65W)、HDR 10
直販価格 3万4980円

後日、O山氏は宣言通り、JN-IPS29WFHDR-C65Wを購入。リモートワークの生産効率上がるといいですね!

(提供:株式会社JAPANNEXT)

■Amazon.co.jpで購入
この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう