週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

中目黒と二子玉川にある「YES TOKYO JUICE」

1本1000円以上、憧れの「コールドプレスジュース」を体験! 置き換えダイエットにも◎

2022年02月02日 10時30分更新

 こんにちは、おいしいお酒とおいしいごはんがだいすきな胃下垂ライター"やまお"こと山口真央です。

 そういえば最近、口内炎ができちゃったんですよ……。それも2つ! おいしいものを食べることが大好きなやまおにとって、口内炎は大敵中の大敵です。イテテ。

 口内炎の原因はたくさん思い当たります。深夜の暴飲暴食や塩分過多、ストレス、睡眠不足……。こんなん女が泣くわ!

 そんなとき、私は「イイモノ」のお世話になります。その名も「コールドプレスジュース」。今回は「YES TOKYO JUICE」のコールドプレスジュースをデリバリーで楽しんでみました~!

コールドプレスジュース専門店「YES TOKYO JUICE」

 「コールドプレスジュース」ときいても「スムージー」と何が違うのか疑問に思う人もいらっしゃるかと。一般的にスムージーは高速回転のミキサーを使用するため、野菜や果物といった素材に摩擦熱が加わるところ、コールドプレスジュースとは摩擦熱を加えないようにして、生のままプレスして水分を絞り出したジュースを指します。素材の水分・栄養を、熱で壊すことなく作るので、素材本来の栄養を摂取できるのが大きな特徴です。

コールドプレスジュース専門店「YES TOKYO JUICE」※画像は公式HPから

 そして「YES TOKYO JUICE」は、中目黒と二子玉川に店舗を持つコールドプレスジュースの専門店。種類豊富なコールドプレスジュース以外にも、プロテインとの組み合わせやサラダなど、充実したメニューを用意しています。

「3ボトルス-ビグナー」セット UberEatsでの商品代3780円

 UberEatsで今回お願いしたのは初心者にオススメと推されていた「3ボトルス-ビグナー」のセット。「コールドプレスジュースに苦手意識のある方も!」とセットの説明に書かれてあって惹かれてしまいました……。食事の代わりに、一食・二食置きかえなどにも最適なんだとか。

 なにより、カラフルなジュースはめっちゃ“映え”ますね。インスタに載せたい!

「アーモンドミルク」(写真右端)も追加 商品代1080円

 今回はためしに、大人気だという「アーモンドミルク」もお願いしてみました。風味を「プレーン」「カカオ」「バニラ」から選べます。今回は「バニラ」でお願いしました。

お野菜たっぷりの「3AM」。初手だと苦手に感じるかも

 では、さっそく1つずついただいていきましょう。最初は「3AM」。内容は「キャベツ、白菜、キュウリ、ショウガ、ゴボウ、グレープフルーツ、パイナップル」。なんとも体によさそうですが、お味は……うぉぉ。なるほど……、とても体にいい味がする。お察しいただけるでしょうか。

 清涼飲料水だいすきやまおにとってやや悶絶ぎみになる味ではありますが、慣れてしまえばグレープフルーツとパイナップルの甘さがあるので苦にはならないかもしれません。

パイナップル、グレープフルーツ、レモンなどが入った「ライム」は意外に酸っぱくなくいけた

 おつぎは「ライム」。ネーミング通りライムが入っているのかと思いきや、内容は「キャベツ、白菜、パイナップル、グレープフルーツ、レモン、チアシード」。チアシードはスーパーフードとも呼ばれ、栄養素も豊富。お味はというと、思っていた以上に酸っぱくない!! 最初の「3AM」でおののいてしまいましたが、こちらは健康的でありつつ抵抗なく飲めて、満腹感が得られた1本でもあります。

リンゴ、パイン、グレープフルーツなどが入った「REFRESHER」は飲みやすい!!

 3本目は「REFRESHER」。なんともリフレッシュさせてくれそう……。「リンゴ、パイン、グレープフルーツ、レモン、ローズ」とフルーツで構成。これは比較的飲みやすくて、リピートしたいくらい。3時のおやつをこれに置き換えるだけでだいぶ変わりそう。

栄養価が高いと注目される「アーモンドミルク」は成分を調整していないものほど好き嫌い分かれると聞きますが……

 ちなみに「アーモンドミルク」はギブ……! もうちょい甘いかと思ったらさっぱりミルクでした。アーモンドミルクは、ビタミンCが豊富で、美肌づくりの為の栄養補給に最適と言いますが、味は独特ですね。やまおの好き嫌いの域なのでお許しください……。

日々の罪悪感を帳消し! 置き換えダイエットもできる!

 ばえばえジュースでインスタ映え。ビグナーセットは3780円、アーモンドミルクは1080円で、それぞれ別途配送料が必要になります。毎日飲むにはなかなかにお値段はりますが、日々の食生活の罪悪感が吹っ飛ぶのでたまにの身体リセットとしていかがでしょうか?

※店舗によって異なる場合があります。また「Uber Eats」での注文の場合、基本的に商品代とは別途、配送手数料(50円~)と、10%のサービス手数料がかかります。また、700円未満の注文の場合は別途150円がかかります。ただし、店舗によって条件が異なる場合があります。

更新:記事中の説明を加筆しました(2月2日)

■関連サイト

山口真央(やまお)

 北関東出身・都内在住のライター/編集者。音楽と本と野球とお酒、深夜ラジオがだいすきです。
Twitter:@kmiycan

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう