週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

人気店メキシコ料理店「フリホーレス」

カスタムした「タコス」「ブリトー」が届く! お肉、野菜がぎーっしりのメキシカンをデリバリーしてみた

2022年01月12日 11時00分更新

 こんにちは、おいしいお酒とおいしいごはんがだいすきな胃下垂ライター"やまお"こと山口真央です。

 お正月気分も抜けてしばらく経つにも関わらず、たくさんのおもちやおせちによってついた脂肪は取れる気配がありません。また、年始の忙しさがどっときており何かと慌ただしい……。ここはバランスの取れた食事で、なおかつ片手でパパッと食べられるものがありがたい。

 そんなとき、知人から教えてもらったのが「フリホーレス」というメキシコ料理のお店。手軽に食べられる「ブリトー」と「タコス」をUber Eatsでお願いしてみました!

ボリュームとおいしさで人気のメキシカン「フリホーレス」

画像は公式HPから

 フリホーレスは都内に5店舗(うち1店舗はテイクアウト&デリバリー専門店)を構えるカジュアルなメキシカンのお店。「日本から世界基準のブリトーを」というテーマを掲げており、そのボリュームとおいしさからファンも多いのだとか。

「カスタム」ができるブリトー・タコス ※画像はUber Eatsアプリから

 今回はちょっと欲張って、フリホーレス看板メニューの「ブリトー」と「タコス」の両方をお願いしました。それぞれ「選べるカスタム」と名前についており、肉の種類(ベジタリアン向きのワカモーレもあり)や、追加スパイシーソース、サワークリーム抜き、チーズ抜きなど好みでカスタムできるのが魅力。

ブリトーとタコス両方をチョイス

 届いたブリトーとタコスは……アルミホイルに包まれて見えない……! けどこれをはがすワクワク感があっていいかも……?

「選べるカスタムブリトー」Uber Eatsの商品代1540円(カスタムによっては追加料金が発生)

 ではブリトーからチェックしていきましょう!! アルミホイルを開けると、そこにはずっしりと重みのあるブリトーが。トルティーヤはやわらかさがあり、中身が透けて見えるのも〇。これはおなかいっぱいになりそうだ……。

 それでは満を持して……ガブッ!

お肉、野菜のほか、お米も入ったブリトー

 メインは「チキン」をチョイスしましたが、ゴロゴロとしたチキンが食べ応えたっぷり!! このほかに野菜やお米が包まれていて、ほどよい味付けと相まってとてもおいしい……。ボリューム的に女性はおそらくこれだけで十分! 私は胃下垂ライターなので、タコスも食べちゃいますよ。

「選べるカスタムタコス(お肉3種食べ比べ)」Uber Eatsの商品代1540円+130円(カスタムによっては追加料金が発生)

 タコスはこちら。3つセットになっていて追加料金なしだと「ビーフ」「チキン」「ポーク」「ワカモーレ(ベジタリアンOK)」の中からひとつお肉が選べる仕組みでした。今回、せっかくなので料金を追加して「3種食べ比べ」をチョイスしてみました。3種食べ比べは、チキン、ポーク、ワカモーレがそれぞれ入っているようでした!

パスタやチーズも入ったフレッシュなタコス

 中身はこんな感じ。こちらもやわらかいトルティーヤに、お肉、野菜のほか、パスタとチーズがどっさり。チーズはあとをひく旨味で、3つともペロリと完食。ちょっとしたランチとして片手で食べられるから、忙しい日にもいいかもしれません。

辛いもの好きな人は「スパイシーソース」追加無料!

 ブリトー・タコスともにスタンダードなものは1540円の価格設定。追加次第でそれぞれ料金がかかる場合があります。選べるカスタム、といいつつ、今回はオーソドックスなオーダーだったのですが、次は具材を追加したりして自分好みにどんどんカスタムしてたべてみた~い!/p>

  辛いのが大丈夫な人は、フリホーレス自慢のスパイシーソースが追加無料なのでぜひ試してみてくださいね。

※店舗によって異なる場合があります。また「Uber Eats」での注文の場合、基本的に商品代とは別途、配送手数料(50円~)と、10%のサービス手数料がかかります。また、700円未満の注文の場合は別途150円がかかります。ただし、店舗によって条件が異なる場合があります。

■関連サイト

山口真央(やまお)

 北関東出身・都内在住のライター/編集者。音楽と本と野球とお酒、深夜ラジオがだいすきです。
Twitter:@kmiycan

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう