週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

「デリバリーは伸びる?」そんなことなかった

寒い季節こそ「そうめん」がおいしい! 温かいぶっかけそうめんはいかが?

2021年11月03日 10時30分更新

 こんにちは、おいしいお酒とおいしいごはんがだいすきな胃下垂ライター"やまお"こと山口真央です。

 少し前まで夏の残暑が厳しいと思っていたら、もう11月。時が経つのは早いものですね。暑いうちにこの連載でそうめんを取り上げたいと思っていたのですが、私ときたらすっかりそのタイミングを逃してしまいました。

 しょぼくれながら最近見つけたそうめん屋さんを訪れると、デリバリーをやってるじゃないですか。しかも「あったかいそうめん」で! そうか、そうめんはあったかくして冬に食べるというオツな食べ方がありましたね……。

 というわけで、今回のデリバリーメニューは「そうめん」です。頼んでみてから思ったけど、あったかいそうめんってデリバリー中にのびちゃわない……? 不安もありますが、デリバリーおねがいしまーす!

「そうめん専門店」の温かいぶっかけそうめんをデリバリーしてみた

「そうめん屋はやし」のデリバリーメニュー ※画像はUberEatsから

 今回デリバリーをお願いしたのは「そうめん屋はやし」。目黒や武蔵小山に数店舗を構えるお店で「お酒の後のシメそうめん」も推しなんだとか。「夏は黙っていてもそうめんは売れる。冬もうちは売れます!」とお店の人がおっしゃる通り、あったかメニューも充実しているんです。

「和つゆの山椒肉ラーぶっかけ」
おつゆは別容器

 オーダーしたのは「和つゆの山椒肉ラーぶっかけ」(商品価格1280円)。そうめん・具と、おつゆは別容器で届きます。そうか~こうすれば伸びないもんね。

そうめんの姿は?

 こちらがトッピング用器……ではなく、この下にそうめんがしっかり入ってます。そうめんが全く見えないトッピング量! これはうれしい。お肉、しょうが、のり、ごま、ネギ、温玉、そして山椒です。

山椒、香ります

 このごまたちに紛れる山椒、わかりますか……!? 食べる前なのに山椒の香りで食欲をそそられます。

あたたかいぶっかけそうめん

 おつゆは別途、レンジでチン。あたたかなおつゆをぶっかけてみます!!  この赤いのは…そう、ラー油。こ、これはおいしそうだ~~~!

いただきます

 一口目の感想は「か、辛い~~~~!!!」結構シビれる辛さです。私は辛いのが苦手なのもありますが、結構舌・唇にジンジン。ただし、その奥からあふれるうま味が。これが「和つゆ」効果かもしれません。そうめんはあたたかなおつゆと絡んでやわらかくほぐれます。

シビからなので温玉がいい相性

 私は3口目にして温玉を割ってしまいました……。味変が早い。が、温玉と絡むことで辛さがマイルドになり、とても食べやすくなります。辛さで断念することもなく、おいしく完食。さすがにおつゆは飲めなかったのですが、辛いもの好きなら1口2口飲んでみてほしいです……!

これからの季節に深まる「温かいそうめん」の魅力!

 そうめんって手軽ですし、おうちでも簡単に用意できます。でも、お店の変わり種そうめんは、家で食べる味とはまた違います。これはこれで、たまに食べたくなる味でした。

 「そうめん屋はやし」さんでは、シーズンごとにオリジナルメニューを出しているそう! 豆乳を使用したメニューなどもあり、これからの寒い季節もより楽しめそうです。

※「Uber Eats」での注文の場合、基本的に商品代とは別途、配送手数料(50円~)と、10%のサービス手数料がかかります。また、700円未満の注文の場合は別途150円がかかります。ただし、店舗によって条件が異なる場合があります。

■関連サイト

山口真央(やまお)

 北関東出身・都内在住のライター/編集者。音楽と本と野球とお酒、深夜ラジオがだいすきです。
Twitter:@kmiycan

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう