週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

ゲーミング、在宅ワーク、省スペースのテーマ別に提案!

インテルCore i7-11700Kで組むジサトラのオススメ自作PC構成

2021年03月31日 15時00分更新

ジサトラのオススメ構成 その3
「小さいは正義のMini-ITXマシン」

 合計価格16万円前後と、価格もスペースも詰めに詰めたミニPC構成。在宅ワーク構成と同様、CPU内蔵GPUだけで運用する想定だが、こちらは小型のMini-ITXケースに納めることで省スペース性を重視している。小さいPCケースのほうが組み立て難度は高くなるが、場所をとらないのは何よりの魅力だろう。

PCケースはIN WINのMini-ITX対応モデル「A1PLUS-BLACK」。天面にはQi 1.2認定ワイヤレス充電ステーションを備え、80PLUS GOLD認証の定格650W電源ユニット、アドレサブルRGB LEDに対応する120mmファン×2やテープが標準で付属する。それで実売価格2万1800円前後はかなりお買い得だ

 メモリーやストレージはオススメ構成その2と同じものを採用し、トレンドを押さえつつも価格は抑えた。また、CPUクーラーはさすがに省スペースなため、120mmファンの簡易水冷モデルにしたが、インテルCore i7-11700Kを定格で運用するなら十分こと足りるはずだ。

オススメ構成その2でも入れたCrucialのメモリー「CT2K8G4DFS832A」(DDR4-3200、8GB×2)。実売価格は9000円前後と、同容量・同速度のメモリーの中で1位、2位を争うコスパだ

CPUクーラーはThermaltakeの120mmラジエーターの簡易水冷モデル、「TH120 ARGB Sync CL-W285-PL12SW-A」。PCケースがアドレサブルRGB LED対応なので、光りモノで合わせてみた

(提供:旭エレクトロニクス株式会社 / 岡谷エレクトロニクス株式会社 / テックウインド株式会社 / 菱洋エレクトロ株式会社)

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう