週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

高速I/F搭載でもコスパ◎のMAG Z490 TOMAHAWKで趣味も仕事も大満足

約15万円でゲームから動画配信、ビデオ会議まで幅広く使えるMSIコンセプトPCを組んでみた

2021年01月15日 11時00分更新

 新年一発目に紹介するMSIのマザーボードは「MAG Z490 TOMAHAWK」。LGA1200ソケット対応でIntel第10世代Coreをサポートするマザーボードだ。元々のゲーミング需要に加えてリモートワークのビデオ会議のように、昨今「性能」や「安定」を求めるニーズが高まっているデスクトップPCだが、性能=価格のPCにあって何に注目すればこれらを両立することができるのだろうか。その最適解がメインストリーム級マザーボードであり、MAG Z490 TOMAHAWKと言えるのではないだろうか。

「MAG Z490 TOMAHAWK」。実売価格は2万3500円前後

 MSIのゲーミングマザーボードには製品名の頭に「MEG」「MAG」「MPG」といった英語3文字が付いている。MEGはハイエンドゲーマー向け。MPGはエントリーゲーマー向け。そしてMAG Z490 TOMAHAWKのMAGはメインストリームゲーマー向けを意味している。

 メインストリーム向けモデルは、価格性能比に優れている。ハイエンド向けのモデルは「超」が付く高耐久部品を用いて安心感が高く、機能も豊富なので満足感が高い分高価だ。エントリー向けはリファレンスデザインに対してあまり追加することなく、シンプルに必要最低限に抑えることで低価格を実現するが、ゲーマーがやりがちな「長時間高負荷をかけ続ける」といった時のマージンが少なめなので節度ある楽しみ方がマッチしている。メインストリーム向けはここのバランスがよく、長時間プレイでも十分な耐久性があり、機能面でも現行および次世代インターフェースをカバーするなど長期利用が視野に入る。ではそうしたところを製品とともに見ていこう。

 電源回路は安定性や製品寿命の指標となる。半導体の寿命は周辺環境の温度がもっとも重要。そのため、エントリーモデルがスペックギリギリならば、ハイエンドモデルは大幅な余裕を持たせた設計となる。メインストリーム向けモデルはその間の存在でバランス型だが、回路(フェーズ数)や部品(グレード)、冷却(ヒートシンク)といったところが見どころだ。

 電源コネクタは8+4ピン。電源回路は12+1+1フェーズ構成だ。十分なフェーズ数と言えるだろう。とくに大出力を求めるCPUに12フェーズが割り当てられている。この余裕ある設計なら変換効率もよく必要以上の発熱も抑えられる。部品構成は、PWMコントローラ、MOSFETともにON Semiconductor製。グレード的にメインストリームの中でもやや上と言えるだろう。PWMコントローラはデジタル制御、MOSFETはドライバーICなどをパッケージ内に収めた高効率のDrMOSだ。デジタルPWMをベースに設計された電源回路を同社では「Core Boost」と呼んでいる。

電源回路部分

EPS12V

PWMコントローラはON Semiconductorの「NCP81229」

ON SemiconductorのDriver MOSFET「NCP302155」

 一方、コンポーネントも重要だが、より重要なのはそれを適正な温度域で運用することだ。発熱量の大きいVRMには大型のヒートシンクが用いられるが、MSIの、MAG Z490 TOMAHAWKのそれはとくに大きい。一般的にプラスチック樹脂が用いられるシールドカバー部分まですべてアルミニウム製という構造だ。

カバー部分まで一体化した大型アルミヒートシンク。放熱面積も大きく冷却効果が高い

 チップセットヒートシンクは、発熱量の関係でAMD X570チップセットなどと比べるとシンプル。上位モデルほど大きくない。しかし、直線上にPCI Express 3.0 x1スロットをレイアウトするデザインで、そのスロットの間をうまく利用し十分な表面積を確保している。なお、このチップセットヒートシンクの下辺にあたる部分のPCB上にLEDが搭載されている。

限られたスペースでできるかぎりのサイズを実現したチップセットヒートシンク

 M.2ヒートシンクは上位モデルによくあるチップセットヒートシンク一体型ではなくセパレートタイプ。隣接するヒートシンクに熱を逃がすということはできないが、M.2 SSDを十分にカバーできる大きさだ。

1枚板ソリッドタイプのM.2ヒートシンク。PCI Express対応、NVMeサポートといった高速のM.2 SSDのコントローラは発熱量も大きいのでこれがあると安心だ

 CPU寄りのM.2スロットはM.2 22110対応で大型のヒートシンクを、PCI Express x16 #2下のM.2スロットはM.2 2280対応なのでこれに合わせた大きさのヒートシンクを組み合わせている。

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう