週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

しかも、天ぷら5個以上まとめ買いすると10%引きに

知ってた?丸亀製麺は「天ぷらだけ」のお持ち帰りOK 「年越しそば」にもアレンジできる

2020年12月28日 11時00分更新

文● ナベコ 編集●ASCII

 こんにちは、アスキーのモグモグ情報担当ナベコです。今年は家での食事の機会がこれまで以上に増えた方が多いのではないでしょうか。毎日の食事なので、バリエーションを広げつつ準備は賢く時短したいもの。

 今回は、家での食事に活用できる「丸亀製麺」のお持ち帰り術を紹介します。

 セルフ形式の讃岐うどんチェーン「丸亀製麺」では一部店舗を除きお持ち帰りを実施しています。対象のうどんメニューや天ぷらなどを持ち帰り可能。

 打ち立てのつるもち食感のうどんをおうちで楽しむことはもちろん、ちょっと意外かもしれませんが、うどんは頼まずとも「天ぷらメイン」でのお持ち帰りもできます。

 しかも耳よりなことに、丸亀製麺ではただ今、天ぷらを5個以上購入の場合に10%割引きするキャンペーンを実施しており(一部店舗を除く)、天ぷらをまとめ買いをするとお得です。

まとめ買いするとお得

 天ぷらを持ち帰りすれば手間のかかる揚げものも手軽に家の食事に取り入れられますね。しかも丸亀製麺の天ぷらは手づくり、揚げたであるのも嬉しいポイント。

 天ぷらだけのお持ち帰りも、基本的にはうどんメニューを購入するのと同じ流れです。

丸亀製麺のこだわりの天ぷらは店舗で揚げたて。定番ネタや季節限定のネタなど豊富な種類の天ぷらが揃っているのが魅力

 注文カウンターで「天ぷらだけの持ち帰り」と伝え、好みの天ぷらをお皿にとってお会計へ。専用のボックスや袋が用意されているので自分で箱詰めします。

購入したあと、専用のボックスに移してお持ち帰りできます

 店舗によっては購入方法が異なることもあるため、買い方に戸惑ったら店員さんにきいてみるとよいでしょう。

おうちで「天丼」や「天ぷらそば」にアレンジ

 実際に丸亀製麺の天ぷらをおうちに持ち帰ってみました!

実際にお持ち帰りしてみた

 箱には「お持ち帰り商品の美味しい召し上がり方」として、天ぷらの温めなおし方が紹介されています。以下のように書かれています。

 “アルミホイルをくしゃくしゃにしてから広げる→重ならないように並べる→オーブントースター(500w)で5分温める”

 天ぷらの温めなおしには電子レンジではなくオーブントースターが望ましいようです。アルミホイルをくしゃくしゃにすることで余分な水分と油がとれるそうですよ。

オーブントースターで温めなおすと良いようです

  まるで揚げたてのようなサクサク食感が楽しめるので、ぜひこちらの方法で温めなおしていただいてみましょう。

・お好みの天ぷらで「天丼」

 天ぷらの食べ方として真っ先に思い浮かぶのは「天丼」。

 家のご飯の上に好みの天ぷらをのせ、そして、砂糖、醤油、みりんを合わせて作った甘辛いたれをかけます。

用意するのはご飯

左から「野菜かき揚げ(ミニ)」(100円)と「きす天」(150円)。※「野菜かき揚げ」は通常140円。ミニは一部店舗での取り扱いです

甘辛いたれをかける

 「野菜かき揚げ(ミニ)」と「きす天」をのせたミニ天丼の完成です。

好みの天丼が作れますね

 天ぷらを温めてからご飯にのせて、そこにタレをかけるのがオーソドックスですが、タレを作った鍋に天ぷらを入れて煮びたしで温めるとさらに手間が省けます。

 自宅でできる定番中の定番のアレンジです。豊富な種類の天ぷらからチョイスして自分好みの天丼を作れちゃいます。

・年越しそばにも!「天ぷらそば」

 天ぷらをおそばに合わせることも。うどん専門店で買ってきた天ぷらをそばに活用するとは、まさにおうちならではのアレンジ。

 実は丸亀製麺では、12月31日の大晦日に天ぷらのお持ち帰りの売上がグンと伸びるそうです。年越しそばに天ぷらを活用する人が多いのでしょう。

おうちで作ったかけそばに天ぷらをトッピング

左から「えび天」(通常160円)、「かしわ天」(150円) ※「えび天」はサイズと価格が異なることがあります

 年越しにもふさわしいように、「えび天」と「かしわ天」をのせて豪華な天ぷらそばにしてみました。

おうちのそばが豪華に

 鶏むね肉を使用したジューシーなかしわ天はおそばのトッピングとしては珍しいですが、おだしと相性が良いわけだからそばとも合わないわけがありません。食べごたえが出て満足感ある一杯になりますよ。

 年末年始頃には通常のえび天より大きい「特大海老天」(340円)が提供されます(一部店舗をのぞく)。年越しそばや新年のご馳走にもぴったり。

「おやつ」にもアレンジできちゃう

 小腹がすいた時にパクッとつまむ「おやつ」としても天ぷらを活用できます。

・さつまいも天を「大学芋」に

「さつまいも天」(110円)

 丸亀製麺の天ぷらメニューの中でも人気な「さつまいも天」を温めなおして、一口大にカット。はちみつ、醤油、黒ゴマ適量をあえると「大学芋」のようになります。

はちみつ、醤油、黒ゴマをあえる

 本来であればさつまいもを揚げて作る大学芋ですが、すでに揚げてある天ぷらを活用するからラクチン。

お子さんのおやつにも

 いただいてみると、黒ゴマの香ばしさやはちみつの甘さとコクがあとを引いておいしい。お子さんのおやつにも好まれそうな味です。醤油の塩けも程よく、1個だとペロッと食べきってしまいました。2、3個ほど買っておいてまとめて作るのがオススメ。

※記事中の価格は“税込”

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう