週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

スモーク薫る!チーズ肉まん新登場

セブンの新作「チーズ肉まん」パカッと割ったら香りがよくて驚いた

2020年11月10日 19時15分更新

文● ナベコ 編集●ASCII

 セブン-イレブンでは「スモーク薫る!チーズ肉まん」を11月10日から全国で発売。9月から登場した「5種のチーズ肉まん」に次ぐチーズ肉まん第2弾です。価格は税込140円。ビッグサイズではなく通常サイズの中華まんですね。

 みんな大好きチーズ。農林水産庁によるとチーズの消費量は10年間で142%に増加したとのことで右肩上がり。チーズin中華まんも定着してきましたね。

セブンイレブンの新作「チーズ肉まん」は燻製チーズ使用

「スモーク薫る!チーズ肉まん」11月10日発売 税込140円

 さて、そんな中、セブンの新作「スモーク薫る!チーズ肉まん」が登場。

 これどうなのでしょうか?

煙でもくもくしたようなキャラの焼き印が目印です。

 チーズ系の中華まんというと、これまで4種のチーズとか、5種のチーズとかチーズの種類で押してきたり、“とろ~り”と伸びのよさをアピールしたりする商品が多かったのですが、今回は「スモーク薫る」。

 桜チップで燻製したスモークチーズと、プラス3種類のチーズを使用。ジューシーな豚肩ロースを合わせた、クセになる濃厚な味わいの肉まんだそう。

 スモークチーズ入りの中華まんって珍しいですね。コンビニの中華まんだとなかったかも。

さて、

 スモークチーズときくとビールもアタマに浮かんできちゃいます。ちょっと大人の味なのかな? お酒好きとしてはうれしい。そんなことを想像しながら肉まんをパカッと割ってみました。

 あらま、燻製のいい香り!

薫ります

 チーズを燻したスモーキーな香りとペッパーのピリリとした刺激がスッと鼻腔に入ってきます。キャンプ場でスモークベーコンを焼き上げている時のようなそそるあの香り(ベーコンは入っていませんが)。食欲がぐわんぐわんと刺激されます。

ビールが欲しい!

 がぶりと頬張ります。ふかふかの生地に、ジューシーなお肉とスモークチーズの組み合わせ。パンチがある濃い味わいです。チーズはスモークチーズの他にゴーダ、モッツァレラ、パルメザンを使用しているそうでコクや深みがあります。お肉は豚肩ロースを大きめにカットしていてゴロゴロ食感。ペッパーのアクセントでお肉の味が引き立ちますね。ああ、これはおつまみです。スモークチーズのおつまみ肉まん。大人のみなさん、食べる時にはビールも一緒に買いましょう。

おつまみ中華まんでした

 ペロッと食べきれちゃいました。口に入れた瞬間ガツンと濃い味でしたが、不思議とチーズがもたれすぎず、お肉も素材感があって、口の中でいやな残り方をしません。飽きずに2個くらい食べたくなっちゃう。酒好きな私としては、これまでのチーズ肉まんよりおつまみに系にふっていて好みです。ちょっと大人向きかも、というのが気がかりですが“チーズ肉まん”が今まで以上に幅を広げてきました。

香りで攻めたチーズ肉まん

 セブン-イレブンの担当者におききしたところ、ポイントはなんといっても「香り」。チーズ系の商品が好調である中、セブン-イレブンでは今年、シーズンを通してチーズ系の中華まんを順次出していこうという試み。今回、これまでにはない切り口のチーズ肉まんを、ということで香りに着目。味や見た目だけではなく、スモークチーズの香ばしい香りを楽しんでもらおう、というのが「スモーク薫る!チーズまん」です。

 こだわりとしてスモークチーズには香料を使用せず、工場で桜チップを使用してスモーク。燻製といっても、一般的には香料で香りづけする商品もある中、香り重視で手間をかけ、きちんと燻製しています。香りのムラがないようにチーズをダイス状にカットするなど細部に工夫もあるそうで。

 「スモークチーズの香りを楽しんでもらいたい商品。ぜひ、召し上がっていただく際には肉まんを割って、香りを確かめていただきたいです(セブン-イレブン担当者)」とのことでしたよ。

 たしかに、割らない状態でガブッと口に含んでしまうと香りより先に味が飛び込んできて、ちょっともったいないかも。セブンが香りにこだわったチーズ肉まん。ぜひ、手で割ってから食べてみましょう。

今年は「大入り豚まん」が好調です。

 セブン-イレブンでは今年特に「大入り豚まん」(税込213円)が好調。通常の「肉まん」(税込140円)の1.5倍の重量の満足サイズの中華まんです。今年は、昨年よりも重量アップし、ひとつでも食べ応えあるサイズに変更したとのこと。

「大入り豚まん」(税込213円)が売れているそうです

 個人的に、ふつうのサイズの中華まんは食事には満たない“オヤツ”感覚ですが、大入り豚まんだったらずっしりとした重みで食べ応えがあって、食事がわりになります。これに野菜ジュース付ければ軽めの昼食でオーケー。

 とにかく、豚まんが昨年より大きくなっているとのことでうれしいですね。昼は大入り豚まん、夜はチーズ肉まん(プラスビール)でいかがでしょうか。

大入り豚まんは上2段に入っています。たしかに大きくて目立ちますね。

 

■関連サイト

ナベコ

酒好きライター、編集者。カンパイからすべてが始まるはず。「TVチャンピオン極~KIWAMI~ せんべろ女王決定戦」に出演するなど酒活動しつつ食トレンドを追っています。♪アスキーグルメでおいしい情報配信中♪

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう