週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

「Apple Watch Series 6」「Apple Watch SE」発表 18日発売

2020年09月16日 07時00分更新

 アップルはApple Watchの新製品として、「Apple Watch Series 6」および、より安価なモデルとなる「Apple Watch SE」を発表。9月18日に発売する。なお、さらにエントリークラスになるモデルとして、「Apple Watch Series 3」も継続販売される。

Apple Watch Series 6

血中酸素濃度の測定と高度計が新要素
一体型バンド「ソロループ」も登場

 「時計の機能を完全に再定義する」と自信を見せる、Apple Watch Series 6にはケースの裏側にある赤外線センサーなどを用いて、血中酸素濃度の計測する機能が搭載された。あくまで健康管理やフィットネスを目的にしたものとは言え、普段の生活や運動などにともなう体の状態を測定することができる。また、常時測定可能な高度計も装備。リアルタイムに1フィート級の上下の移動を測定し、トレーニングの測定にも活用できる。

 アルミケースについては、従来からのシルバー、スペースグレー、ゴールドに加えて、ブルーや(PRODUCT)REDも追加。バンドについても、留め金やバックル無しで利用する「ソロループ」と呼ばれる一体型のバンドも用意されている。これはソフトシリコンに、ポリエステルとシリコンを織り交ぜた特殊な糸を組み合わせることで伸縮性を持たせたもので、9つのサイズからユーザーが選択できる。価格は税抜4万2800円から。

 一方のApple Watch SEは、Apple Watch Series 6と同じ加速度計、ジャイロセンサー、高度計などを備えつつ、お手頃な価格に収めた製品。Apple Watch Series 3と比較すると、30%大きい画面と2倍の処理性能を持ち、通話やSiri、各種ワークアウト、睡眠測定、FeliCaの搭載によるApple Payなどの機能が利用可能。ソロループはApple Watch SEでも利用できる。

 シルバー、スペースグレイ、ゴールドのアルミケースが用意され、価格は税抜2万9800円から。

 

■関連サイト

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう