週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

au、Apple Watchを単体で契約できる「ウォッチナンバー」 月350円から

2020年09月16日 21時55分更新

 KDDIは、CellularモデルのApple Watch単体で利用できる「ウォッチナンバー」の提供を開始。割引込みで、月350円から利用が可能。

 今回のApple Watchの発表会では、watchOS 7の新機能として、子供にApple Watchだけを持たせる状況を想定した「ファミリー共有設定」が発表され、国内ではauのみが対応することが公表されている。

家族でApple Watchを使うための「ファミリー共有設定」

国内ではauのみが対応

 従来は、スマホとApple Watchを同一の電話番号で利用していたわけだが、ファミリー共有設定では、CellularモデルのApple Watchに単独の電話番号を割り当てるため、キャリア側も料金プランを含めた対応が必要になったわけだ。

 既存の制度、料金プランではこうした状況が想定されていなかっため、実際のプランとしてはスマホ向けの「ピタットプラン 4G LTE」が適用されるが、実際には「ナンバーシェアからの移行キャンペーン」として、最大12ヵ月、月1630円の割引が発生。Apple Watchの使い方で想定される月1GB以下のパケット利用時は、「家族割プラス」込みで、税抜月350円から利用できる形となっている。

 

■関連サイト

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう