週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

いきステのお重を食べてみた!「ステーキ重」もやっているよ

いきなりステーキ、お得な「牛たん重」テイクアウト!厚切りで感激

2020年04月27日 18時01分更新

文● ナベコ 編集●ASCII

ごきげんよう、アスキー編集部のナベコです。最近、いきなりステーキの弁当にハマりました。こちらは「牛たん重」。コンビニ弁当より奮発するけど肉を求めているなら正解。

 雨だから、肉。

 食べたいな~と思って近くの「いきなり!ステーキ」に足を運んできました。傘をさして、濡れながら。道には人がほとんどおらず、こんな日だからでしょう、店内にもお客さんがほとんどいずに、あまり人と接触せずに行けたのは幸い。

 買ったのは「やわらか牛たん重」(1180円、税抜)。

 ※キャンペーンで本体1180円(割引+外税)で、税込み1147円でした。

 「いきなり!ステーキ」ではただ今、テイクアウトメニューとして、この「やわらか牛たん重」と「ステーキ重」(880円、税抜)などを店舗限定で販売しています。私はこの前「ステーキ重」を買って記事に書いたのですが、お値段以上の満足度でしたよ。(関連記事)

こちらが前回食べた「ステーキ重」。もともと「ステーキ重」が販売されていて、一方の「やわらか牛たん重」は4月17日から新登場。

 そこで、味をしめて今回はちょっとリッチな“牛たん”のほう!

 なお「いきなり!ステーキ」は5月31日までテイクアウト10%引きキャンペーンをやっているため、本商品も本体額が割引されます。

・「ステーキ重」880円(税抜)
・「やわらか牛たん重」1180円(税抜)
※上記の価格から本体が10%割引きとなります(5月31日)。

事前に電話予約して行ったので、待ち時間なくお弁当を買えました。この自粛体制になってから事前予約って大事だなとあらためて実感。

いきなりステーキの厚切り「牛たん重」

 四角いお重に収まっていると、なんとなく“和”を連想させてかわいいですよね。

 お楽しみの「やわらか牛たん重」。蓋を開けるとゴロゴロしたお肉が!

にぎやかな見た目。まるでお肉の遊園地。

 網の焼き目がこんがり。コーン、ニンジン、ブロッコリーの彩りがキレイですね。

 切り口を見ると、内側はほんのり赤身が残っています。

赤い色が残った絶妙な焼き具合。

 焼き立てで提供してくれる専門店ならではの絶妙な火の通り。お弁当をある程度いっきに作ってから売り出す形式だったら、この火加減はできないでしょうね。

ソースはあえて家の醤油皿に入れました。

 「ステーキ重」を食べた時の経験でソースは別皿を用意して注ぎました。直接ソースをお重にかけてしまうと、ご飯の味がどんどん濃くなってしまうので。

 では、お肉をソースにさっと泳がせて。

えいやっ。

 いただきまーす!

カモーン。

 プリッ、とした弾力。

 カットがぶ厚いので、食べる前は“牛たん”という感じにあまり思えなかったのですが、ギュムッ、プリッと歯切れがよいです。

なお、味付けは味噌ではありません。醤油ベースのソースです。仙台名物の牛たん重とは別物です。

 そして、柔らか~い! こんなに厚いのに、かたくなくて食べやすい!

 牛たんはご存じのように食感が魅惑。それに加えて、ここまで厚いと肉の旨みしっかり感じられるんですよ。最初はあっさりめなのですが、噛めば噛むほど、フルーティーで親しみ安い甘みが出てきます。

ご飯は最初からソースがかかっていました。

 「ステーキ重」の時は最初からソースをかけてしまったので気が付かなったのですが、ご飯にはあらかじめソースがかかっていました。なので、味が足りないということはない。別皿でちょっとずつソースをつけていくスタイルは正解です(ドヤ)。

コーンが箸休めにぴったり!

 前回も書きましたが、ご飯の上にのったコーン、好きです。お肉にコーン合うんですよね。自然な甘味がいい。ちょっぴりソースをかけていただくと、アメリカン飯という感じでうまうま。

 ご飯のボリュームは多すぎず、少なすぎず。たくさん食べられる人だったら「もう少しご飯欲しい」となるかもしれません。そんな場合は家にあるご飯を“おかわり”するのもいいかもしれませんね。

  最初は「こんなにたくさん」と思っていたお肉ですが、パクッ、モキュッと食べ進められて、最後の一切れが名残惜しい!

 あーおいしかった! ごちそうさま!

ちょっと上品で番人受けしそうな「牛たん重」

 「やわらか牛たん重」は「ステーキ重」より食べ応えとしてはあっさりめ。弾力ある歯ごたえを楽しめて、大人も子供も幅広い人がおいしく食べられる思います。

弾力ある食感とお肉本来の甘味で、幅広い人に喜ばれそう。

 「ステーキ重」は、より“お肉感”がとがっているので、お肉好きの人はとってはたまらないけど、お子さんなど苦手に感じる人はいるかも。

 両方食べたうえであらためて考えると……。価格としては「ステーキ重」がお手頃だから、私はどちらかというと「ステーキ重」を選びそうです。ちょっと穏やかに食べたいなという時は「牛たん重」がいいな。ステーキ重の記事はコチラです。

 いずれにせよ、お値段以上と思える満足感がありましたよ! お肉が好きで、お近くに“いきステ”がある人は、ぜひ活用してみてはいかがでしょう!

結論:「ステーキ重」「牛たん重」どちらも最高に“肉”だった!

・「ステーキ重」880円(税抜)

ミディアムレアの豪快なステーキがゴロゴロ。食べ応えしっかり。

・「やわらか牛たん重」1180円(税抜)

プリップリッした、歯切れのいい厚切り牛たん。ほんのり甘みがあって上品。

 どちらを選ぶ!?

※上記の価格から本体が10%割引きとなります(5月31日まで)。


【ステーキ重・やわらか牛たん重販売店舗】
・北海道
フレスポ帯広稲田店
・岩手
ニトリ水沢店
 岩手北上店
・宮城
仙台店
 仙台吉成台店
 大河原店
・秋田
秋田東通店
 秋田土崎店
・山形
山形あかねケ丘店
 山形鶴岡店
 山形酒田店
・福島
メガステージ白河店
・東京
銀座4丁目店
 吾妻橋店
 神田南口店
 六本木店
 赤坂通り店
 新宿西口店
 錦糸町店
 池袋東口店
 池袋南口店
 秋葉原万世橋店
 市ヶ谷店
 渋谷センター街店
 大門店
 小川町店
 神保町店
 高田馬場店
 池袋西口店
 浅草雷門店
 水道橋店
 渋谷公園通り店
 保谷駅前店
 大山店
 八王子店
 大久保店
 目黒上大崎店
 三軒茶屋店
 中野店
 門前仲町店
 学芸大学店
 あけぼのばし店
 高円寺南口店
 立川南口店
 亀有店
 町田店
 王子店
 三田店
 駒込店
 大塚店
 神谷町店
 東中野店
 北千住店
 立川北口店
 湯島店
 恵比寿店
 亀戸駅前店
 五反田店
 浅草橋駅前店
 渋谷青山通り店
 大森ララ店
 新橋日比谷口店
 末広町店
 勝どき店
 有楽町店
 国分寺店
 昭島店
 三鷹東八道路店
 下北沢店
 大泉学園店
 町田森野店
 調布店
 墨田太平店
 四谷3丁目店
 京王高幡SC店
 茗荷谷駅前店
・神奈川
横須賀中央店
 小田原店
 相模大野店
 元住吉店
 綱島店
 京急久里浜店
 上大岡店
 藤沢店
 横浜西口店
 厚木林店
 ニトリ秦野店
・埼玉
大宮西口店
 八潮ロード店
 上尾駅前店
 川越クレアモール店
 入間店
 所沢店
 深谷店
 川口駅前店
 埼玉杉戸店
 大宮南銀通り店
 浦和店
 志木駅前店
 朝霞田島店
 草加新田店
 川越バイパス店
 本庄店
・千葉
南行徳店
 東金店
 穴川東インター店
 松戸店
 船橋店
 勝田台店
 野田泉店
 木更津店
 南流山店
 イオンタウン稲毛長沼店
 千葉浜野店
 成田飯仲店
 市川店
 船橋夏見店
 ホームプラザナフコ茂原長生店
 新鎌ヶ谷店
・茨城
水戸千波店
 神栖店
 龍ヶ崎店
 ひたち野うしく店
 MEGAドンキホーテ日立店
 コメリ北茨城店
・群馬
フレスポ藤岡店
・山梨
ニトリ富士吉田店
・新潟
直江津店
 燕吉田店
 新潟海老ケ瀬インター店
・長野
上田大屋店
 長野駅前店
 松本村井店
 フレスポ佐久インター店
・石川
フレスポ加賀店
 金沢福久店
・福井
敦賀店
・愛知
名古屋三井ビル店
 名古屋大須店
 桶狭間店
 岡崎岩津店
 愛知蒲郡店
 愛知大口店
 豊田四郷店
・岐阜
フレスポ飛騨高山店
 岐阜多治見店
・静岡
沼津店
 浜松湖東町店
 静岡中島店
 磐田店
 袋井店
・三重
四日市店
 ニトリ桑名店
・大阪
梅田堂山店
 東香里店
 八尾店
 泉大津店
 泉佐野店
 大阪福島店
 カリーノ江坂店
 岸和田店
 堺東駅前店
・兵庫
ドン・キホーテ西宮店
・京都
京都亀岡店
滋賀ニトリ近江八幡店
・奈良
奈良郡山店
 奈良大宮店
 法隆寺前店
・和歌山
和歌山国体道路店
 和歌山岩出店
 和歌山下津店
 和歌山榎原店
・島根
出雲斐川町店
 島根浜田店
・岡山
岡山一番街店
 倉敷店
・広島
東広島店
・香川
丸亀バサラ店
・愛媛
ニトリ新居浜店
・高知
高知店
・福岡
福岡天神店
 福岡東比恵店
 ナフコツーワンスタイル宗店
 ホームプラザナフコ苅田店
 小倉南店
 太宰府店
・佐賀
ホームプラザナフコ有田店
・長崎
ホームプラザナフコ東諫早店
・宮崎
ホームプラザナフコ日向店
・鹿児島
薩摩川内店
 ニトリ鹿屋店
・沖縄
石垣島店

■関連サイト

ナベコ

酒好きライター、編集者。カンパイからすべてが始まるはず。「TVチャンピオン極~KIWAMI~ せんべろ女王決定戦」に出演するなど酒活動しつつ食トレンドを追っています。♪アスキーグルメでおいしい情報配信中♪

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう