週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

働き方改革を推進すべくディスプレーの見直しを!

どう設置し使うかは十人十色 iiyama「ProLite XUB2493HS-3」が誰をも快適にするこだわりとは

2020年03月06日 11時00分更新

 液晶ディスプレーは、ビジネスにおいてデスクトップマシンはもちろん、ノートPCのセカンドディスプレーとして重要な役割を果たしており、デスクワークに欠かせない存在だ。パソコンを操作する上で、目から情報を得る大事な機材であるため、ある意味パソコン選びよりも十分に検討すべきである。

 見やすいディスプレーを利用することで、作業効率はぐんとアップする。近年、働き方改革が推進されているが、現在5年以上前の古い製品、特に画面の小さいディスプレーを使い続けているのであれば、最新モデルへの買い替えをおすすめしたい。

 そこで今回ご紹介したいのが、iiyamaの23.8型液晶ディスプレー「ProLite XUB2493HS-3」だ。見やすさはもちろん使い勝手のよさを追求したこのモデルをオススメする理由を紹介しよう。

iiyamaの23.8型液晶ディスプレー「ProLite XUB2493HS-3」。フルHD解像度でノングレアIPS方式のパネルを採用している。

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう