週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

外付けドライブケース付属SSDでお手頃アップグレード

Windows 7ゲーミングPCを3万円以下でWindows 10&SSDにしたら快適すぎた

2019年12月16日 17時00分更新

FF14ベンチマークのローディングタイムが1/2以下に!

 ここからは実際にどの程度ゲームが快適になるのか、ゲームのロード時間を計測してみよう。検証に使ったゲームは「ファイナルファンタジーXIV: 漆黒のヴィランズ ベンチマーク」(以下、FF14ベンチマーク)、「レインボーシックス シージ」(以下、R6S)、「ファークライ5」の3タイトルだ。

 まずはスクエア・エニックスの大人気MMORPG、FF14ベンチマークのローディングタイムを比較してみた。MSI「GE70 0NC」とデル「ALIENWARE 17」、それぞれOS別のグラフで示している。

MSI「GE70 0NC」(Windows 7)、FF14ベンチマーク ローディングタイムの結果

MSI「GE70 0NC」(Windows 10)、FF14ベンチマーク ローディングタイムの結果

デル「ALIENWARE 17」(Windows 7)、FF14ベンチマーク ローディングタイム比較

デル「ALIENWARE 17」(Windows 10)、FF14ベンチマーク ローディングタイム比較

 ご覧の通り、どちらのマシンでも圧倒的にロード時間が短縮されていることがわかる。なお、HDDは古めということもあって経年劣化が激しく、結果がかなりバラつきがあったものの、SSDのほうは安定して速かった。

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう