週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

外付けドライブケース付属SSDでお手頃アップグレード

Windows 7ゲーミングPCを3万円以下でWindows 10&SSDにしたら快適すぎた

2019年12月16日 17時00分更新

SSDに換装するとロード時間が大幅に短縮

 まずは参考として、Windowsの起動時間とストレージの速度を計測する定番ベンチマークソフト「CrystalDiskMark 7.0.0」から検証する。

MSI「GE70 0NC」のWindows起動時間を比較。これだけでもSSDにしたくなる結果

デル「ALIENWARE 17」のWindows起動時間を比較。こちらも大きく短縮している

 どちらのPCでもSSD化の効果は抜群で、34~52秒かかっていたWindowsの起動時間が18~22秒程度に短縮した。また、Windows 10はWindows 7よりも起動時間が短くなっている点もおもしろい。続いては「CrystalDiskMark 7.0.0」の結果を見てみよう。

MSI「GE70 0NC」(Windows 7)での「CrystalDiskMark 7.0.0」の結果。左がHDDで、右がSSD

MSI「GE70 0NC」(Windows 10)での「CrystalDiskMark 7.0.0」の結果。左がHDDで、右がSSD

デル「ALIENWARE 17」(Windows 7)での「CrystalDiskMark 7.0.0」の結果。左がHDDで、右がSSD

デル「ALIENWARE 17」(Windows 10)での「CrystalDiskMark 7.0.0」の結果。左がHDDで、右がSSD

 MSI「GE70 0NC」はHDD時のシーケンシャル速度が100MB/sを下回っていたが、SSD化すると毎秒500MB/s超までスピードアップ。デル「ALIENWARE 17」も同様に、5倍近く速度が向上した。

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう