週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

外付けドライブケース付属SSDでお手頃アップグレード

Windows 7ゲーミングPCを3万円以下でWindows 10&SSDにしたら快適すぎた

2019年12月16日 17時00分更新

R6Sは起動時間の短縮に大きく寄与

 次に、ユービーアイソフトのFPSゲーム、R6Sで検証してみよう。起動時間とメインメニューまでのログイン時間、そしてシチュエーションモードの「重要ターゲット」をプレイする際のゲームロード時間、さらに設定のグラフィックでベンチマークテストを行なう際のロード時間を「ベンチロード時間」として計測した。なお、ゲームロード時間は動画再生中にスキップ可能となるまでとしている。

MSI「GE70 0NC」(Windows 7)、R6Sのロード時間比較

MSI「GE70 0NC」(Windows 10)、R6Sのロード時間比較

 MSI「GE70 0NC」ではWindows 7時で、起動時間が約39秒短縮。ゲームロード時間も約22秒、ベンチロード時間も約19秒と大幅な速度向上が見られた。これだけ効果があれば、かなり快適にゲームがプレイできるはずだ。Windows 10時でも起動時間で約42秒、ゲームロード時間で約26秒、ベンチロード時間で約21秒と、同様の効果が見られた。

デル「ALIENWARE 17」(Windows 7)、R6Sのロード時間比較

デル「ALIENWARE 17」(Windows 10)、R6Sのロード時間比較

 デル「ALIENWARE 17」はWindows 7時の起動時間は約8秒ほどの短縮にとどまったが、ゲームロード時間やベンチロード時間はほぼ半減した。一方で、Windows 10時は起動時間が約14秒ほど短くなったが、ゲームロード時間とベンチロード時間は半減とまではいかなかった。とはいえ、全体的には大幅に改善されているので、SSDへの換装は効果大と言える。

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう