週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

オリジナルカレーは消えるが……:

松屋「創業ビーフカレー」100円高くなったが“実質値上げ”ではない

2019年12月03日 17時00分更新

文● モーダル小嶋 編集●ASCII

創業ビーフカレーはドッシリ、コクのある味

創業ビーフカレー。外見がとにかく地味

 続いては創業ビーフカレー。見た目、地味ですね。派手さのカケラもありません。牛バラ肉が煮込まれて原型がなくなったこともあり、具が入っていないのではと、不安になる人もいると思います。

一応、牛バラ肉が入っているのですが、煮込みの過程であまり形をとどめていません

 ただ、味は、よいのです。牛バラによるしっかりとした旨味と甘味、後味にスパイシーな香りと辛味の両方が、きちんと主張する。具材も煮込まれているとはいえ食感をとどめていますし、コクがあり、味に奥行きがあるのもえらい。490円なら合格点。

 旨味は薄いもののスパイスの刺激と味の濃さで食べさせるオリジナルカレーに対し、しっかりと欧風カレーの風情でコクを堪能させる創業ビーフカレー。個性が、かなり異なります。オノノクスとドラパルトぐらい違います。

490円と考えれば、よくできているのですが……

松屋のカレーも「選択と集中」

 シンプルに、創業ビーフカレーが490円であることには、文句がありません。これ以上の味かボリュームを求めるとなったら、ワンコインではむずかしいのはわかります。

 問題は、390円のオリジナルカレーが消えてしまったことです。これが、問題をややこしくさせています。松屋のカレーの選択肢が、490円の創業ビーフカレーしかないのですから。オリジナルカレーの純粋な進化系ではないので、「実質値上げ」とは、ちょっと言えません。ただ、「松屋のカレーが100円高くなってしまった」といえば、その通りではあるのです。

 創業ビーフカレーの味自体は、すばらしいものではあるのですが……。オリジナルカレーがなくなってしまったこと、それによって松屋のカレーが「490円」のみになってしまったことは、事実。ただ値上げするより、割り切れない気分になってしまった感じはあります。なかなか答えの出ない問題です。

変わらないのは味噌汁の熱さだけ

 筆者のように悩んでいる人はいるのでしょうか? ASCII編集部内で、オリジナルカレーと創業ビーフカレーを両方食べた人を探したところ、盛田さん(家電などを担当)と西牧さん(進行管理などを担当)が該当したので、話を聞いてみました。

盛田さん。カレーにはそこそこうるさい。最近は電気調理器に興味あり

盛田さん「辛めのオリジナル、コクの創業。どっちもうまいんだから併売すりゃいいのにねえ……と思いましたが『選択と集中』なのでしょう。消えたiPhone SEみたいなもんです。とはいえiPhone SEはアップルストアで買えなくなったけど、オリジナルカレーを食べたければ『松屋オンラインショップ』で買えるしな……と思ってみたらすでに注文が集中しているようですね。オリジナル主義者たちが考えることは同じか。あと、創業ビーフカレーはチーズをトッピングさせてほしい」

西牧さん。周りが引くレベルの辛党。創業ビーフカレーも好きだが、オリジナルカレーもそれなりに好きだったとのこと

西牧さん「創業ビーフカレーはどんな味だったっけと忘れていたのですが、食べてみると、そうだそうだ甘みがあるカレーだったと、思い出しました。実質値上げじゃんとか言われているみたいですが、とてもやわらかい牛肉が入ったカレーが490円で食べられるんだから、すばらしいと思います」

 盛田さんの言うように、松屋のカレーも「選択と集中」の時代なのでしょうか。「実質値上げだろ!」と言われたら、いや、オリジナルカレーと創業ビーフカレーは違うし……となるし、「創業ビーフカレーが490円でなにが悪い!」と言われたら、でも、オリジナルカレーは消えるしなあ……となる。

 カレーはよく煮込んだほうがおいしいですが、筆者の結論は、煮え切らないままです。ほんとうに、どう考えたものでしょう。「ごろごろ煮込みチキンカレー」をレギュラー化すれば、悩まずに済んだかもしれません。ごめんなさい、暴論でした。

 そんなことを考えながら、ポケモンの世界でリザードン級のおいしさをめざしてカレーを煮込んでいる今日このごろでした。ゲームなら「ふといながねぎ」を入れれば解決するのに……。現場からは以上です。



モーダル小嶋

1986年生まれ。担当分野は「なるべく広く」のオールドルーキー。編集部では若手ともベテランともいえない微妙な位置。

人気の記事:
「松屋『ごろごろ煮込みチキンカレー』との長いお別れ」「名門ECMついにストリーミングに! 必聴アルバム25選」「デザインも機能もさりげない ハイブリッドスマートウォッチに惚れた」

■関連サイト



■「アスキーグルメ」やってます

 アスキーでは楽しいグルメ情報を配信しています。新発売のグルメネタ、オトクなキャンペーン、食いしんぼ記者の食レポなどなど。コチラのページにグルメ記事がまとまっています。ぜひ見てくださいね!

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう