週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

とにかくPCゲームが快適で、初めての1台でも安心して購入できる1台

PCゲームを快適に始めたい編集部員の多めの要望すべて満たしたPCを選んだ

2019年04月09日 11時00分更新

GeForce RTX 2070とRTX 2060の差はいかに
各種ベンチマークでチェック

 では、ビデオカードのみ異なるNEXTGEAR i690GA4とNEXTGEAR i690SA1-SPでどれくらいの性能差がでるのか、各種ベンチマークでチェックしてみた。

 まずは、パソコンの総合性能を計測する「PCMark 8」をチェック。「Home Accelerated」は、NEXTGEAR i690GA4が5677、NEXTGEAR i690SA1-SPが5649、Creative AcceleratedはNEXTGEAR i690GA4が9332、NEXTGEAR i690SA1-SPが9149となった。通常作業におけるパフォーマンスをチェックするHome Acceleratedはあまり差がみられなかったが、3Dゲームや画像処理ソフトなどのパフォーマンスを測るCreative Acceleratedのほうがより差が大きかった。どちらもPCMarkのスコアに関しては文句なしに高いので、普段作業でストレスを感じることはないといえる。

NEXTGEAR i690GA4の結果

NEXTGEAR i690SA1-SPの結果

NEXTGEAR i690GA4の結果

NEXTGEAR i690SA1-SPの結果

 そのほか、CPUの性能を計測する「CINEBENCH R20」や、ストレージ性能を計測する「CrystalDiskMark」は、CPUとストレージの構成が同じため、誤差はあるもののほぼ同じ結果に。Core i7-9700Kや250GB SSD(M.2接続/NVMe対応)のため、どちらもかなりな高スコアだ。

NEXTGEAR i690GA4のCINEBENCH R20の結果

NEXTGEAR i690SA1-SPのCrystalDiskMarkの結果

ベンチマーク結果
NEXTGEAR i690GA4 NEXTGEAR i690SA1-SP
CINEBENCH R20 CPU 3634 3583
CINEBENCH R20 CPU Single Core 498 501
CrystalDiskMark(256GB SSD、シーケンシャルリード) 1718MS/秒 1743MS/秒

 続いて、ゲーミングパソコンではメインとなる3DMarkの結果をみていこう。こちらは、GPU性能が大きく関わってくるため、やはり少し差がでており、GeForce RTX 2070を搭載するNEXTGEAR i690GA4のほうが高い。これは、「ファイナルファンタジーXV ベンチマーク」でも同様だった。

NEXTGEAR i690GA4のTime Spyの結果

NEXTGEAR i690SA1-SPのTime Spyの結果

NEXTGEAR i690GA4の結果(フルHD)

NEXTGEAR i690SA1-SPの結果(フルHD)

NEXTGEAR i690GA4の結果(4K)

NEXTGEAR i690SA1-SPの結果(4K)

 フルHD環境下ではどちらでもほとんどのゲームが快適に遊べるが、Port RoyalやFire Strike Ultra、FFXVベンチの結果をみると、リアルタイムレイトレーシングや4Kでのゲームプレーもより快適に遊びたいのであれば、NEXTGEAR i690GA4を選択するといいだろう。

マウスコンピューター/G-Tune
この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう