週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

ダイドードリンコにカフェのコーヒーと缶コーヒーの違いをきいた

え?缶コーヒーが意外においしい!知って得するコーヒー事情

2017年05月17日 15時00分更新

味がわかる女になるためにはサッカーだ!

ナベコ「味がわかる女になりたいナベコとしては、小西さんのプライベートが気になります。プライベートはどのように過ごしているのでしょうか」

小西さん「コーヒーをよく飲んでいます」

ナベコ「やはりお好きなのですね……。コーヒー以外の趣味はありますか?」

小西さん「サッカーが好きですよ。小さい子供がいるので、もう少し大きくなったらフットサルやサッカーを一緒にしたい、というのが私生活の夢です」

ナベコ「サッカー、ブラジルだからですか?」

小西さん「いやいや、あまり関係ありません。ですが……」

ナベコ「ふーん」

小西さん「サッカーのチームにはフォワードがいて、ミッドフィルダーがいて、ディフェンスがいて、それぞれが協力、つまり、ブレンドされて、一丸になったチームになるのですよね。それぞれの個性がブレンドされるという意味ではコーヒーにつながるっている気がしています」

ナベコ「え!?」

小西さん「だからですかね、ついついサッカーを見ながら、コーヒーをブレンドする感覚でフォーメーションを自分だったらどうしたい、とか考えてしまいます。これも職業病のひとつかもしれません」

サッカーと缶コーヒーの関係性について熱く語る小西さん。

ナベコ「それはどうでしょうかね……」

小西さん「実は」

ナベコ「実は?」

小西さん「かつてサッカーにちなんだコーヒーを企画して、製品化されたことがありました」

ブラジルの11ヵ所の農園の豆を使用したという「エスプレッソイレブン」。

ナベコ「おおーー、すごいですね。そしてこのデザイン、思い切っていますね」

小西さん「尖った製品なのでかなり話題になりましたよ。ふふふ……」

ナベコ「なんだか含みある笑いですね。小西さんがコーヒー好きで、サッカー好きなのはわかりました。私もサッカーを見て味がわかる女を目指したいと思います」

小西さん「ぜひダイドードリンコの缶コーヒーや、街のおいしいコーヒー屋さんにいって、たくさんいいコーヒーを飲んでください」

ナベコ「ありがとうございます」

ちょっとおちゃめな小西さんがステキでした

 コーヒーとサッカーが好きすぎて、サッカーをイメージした缶コーヒーをつくってしまうほど情熱的な小西さん。味がわかる人になるためにはやはり情熱が必要なようです。

 小西さんが今目指しているのは、コーヒーチェリーを使用したダイドードリンコの「うまみブレンド」といった、今までにはない新しい味覚のコーヒーということ。小西さんの挑戦を見習って、私も味がわかる女になるためにあれこれ挑戦したいです。

 記事はいかがでしたか? 今後の記事制作の参考にしたいので以下のアンケートにご協力ください。


ナベコ

寅年生まれ、腹ぺこ肉食女子。特技は酒癖が悪いことで、のび太君同様どこでも寝られる。30歳になるまでにストリップを見に行きたい。Facebookやってます!

人気の記事:
酒好き必訪!超コスパの神楽坂「塩梅」の日本酒飲み放題 」「串カツ田中が100円均一なので、一番高い串を食べてきた」「アラサーが女子大生にまんまと成りすませるか試してみた」「“噂のダイソー100円ワインを飲んでみた

(提供:ダイドードリンコ)

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう