週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

日本酒飲み放題「KURAND」の新業態

焼酎無限飲み放題の「HAVESPI」で酒の真髄を知るべし

2016年07月08日 17時17分更新

男は焼酎に哲学を

 日本酒飲み放題の業態は最近増えてきましたが、焼酎飲み放題はまだまだ珍しい。レセプションの様子を見ると、日本酒の業態は女性が盛り上がっていましたが、今回のHAVESPIは男性がしっとり飲んでいたというイメージ。

焼酎は渋い世界なのかも

 やはり焼酎は男性から支持が多いのでしょうね。

 男たるもの、焼酎のグラスの中に自分の哲学を求めて欲しい。飲み放題業態とはいえ、無理にガブガブの飲むのではなく、舐めるようにじっくりと。

椅子が用意されています。ずっと立ちだと疲れるのでありがたい

 女子ナベコはそんなことを思いました。ところでHAVESPIはスタンディングではなく椅子が用意されています。腰を落ち着かせて飲めますよ。 


「HAVESPI(ハベスピ)」
・住所:東京都新宿区新宿3-9-9 新宿ワタセイ・タマビル 6階
・入場料:3240円
・営業時間:17時~23時(予定)


ナベコ

寅年生まれ、腹ぺこ肉食女子。特技は酒癖が悪いことで、のび太君同様どこでも寝られる。30歳になるまでにストリップを見に行きたい。Facebookやっています!

人気の記事:
酒好き必訪!超コスパの神楽坂「塩梅」の日本酒飲み放題 」「串カツ田中が100円均一なので、一番高い串を食べてきた」「アラサーが女子大生にまんまと成りすませるか試してみた」「“噂のダイソー100円ワインを飲んでみた

おまけ。焼酎を気持ちよく飲んでいたら。べろべろの神様が降臨しました。べろべろ~。お座敷が設けられているのは7月15日まで!

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう