週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

給水所ならぬ「給スイーツ所」に駆け込め!

走りながら食べ放題!夢の「スイーツマラソン」に挑戦!!

2016年02月06日 17時00分更新

制限時間内に感想を目指せ!(諦めるのもありだけど…)

 さて、我々アスキーチームのマラソンの首尾はというと……。

 このように1周目は仲良くマリオ、ルイージで走っていたものの、4周目(全5周)あたりから異変が。

 撮影のニシマキいわく、給スイーツ所近くでカメラを構えていてもルイージ(ゆうこば)しか来ない。いったい、マリオ(ナベコ)はどこ、と。

 やや他のランナーを挟んで。

 見逃したかなと思っていたころにマリオ(ナベコ)が見えたとか。ずばりゆうこばに差をつけられてはぐれていたんですね。

ゆうこば「ナベコさん、見えなくなっちゃいましたね」

 実はこのスイーツマラソン、制限時間も設けられていて、7.5kmの場合は1時間。ゆっくり食べ放題に勤しんでいる完走には厳しめなタイムです。ルイージ(ゆうこば)は、それを見越して優雅に走っている私ナベコを置いて行ったんですよ。許すまじ。

ナベコ「ちょっと制限時間が厳しいかも」

 ひとこと言わせてください。他のコスプレランナーを見るとまとまって走っているのが常です。ゴールをするというより、楽しく走るのが目的なんですね、わかります。だのにだのに、マリオ&ルイージというペアルックであるのに関わらず私を置いていく相方ってなんなんでしょう。アスキーチームの非情さが身に沁みました……。

ナベコ「もうスイーツ食べずに走るわ(涙目)」

 私ナベコは相方のゆうこばに見捨てられたところから、目的を食べ放題から“完走”にシフト。4周目からスイーツを食べることをあきらめて走ること専念しました。ゴールは丸5周!

ルイージ (ゆうこば)は、制限時間の1時間ぎりぎりでゴール。同じく駆け込みのランナーでゴールが混み合っています。

ゆうこば「腰が……」

 ぜいぜい、はあはあ。

 ツライ。

ややおくれてマリオ(ナベコ)がゴールに。

 正直、途中でわざとこけて大げさに痛がって悲劇のリタイアしようかとも考えました。

なんとか完走、ですがこの時間はすでに制限時間をややオーバー。……悔し泣き。

 ですが完走しないと終わった後の自分へのご褒美がつまらないかなと思って、がんばって走りましたよ。制限時間は過ぎてしまいましたが。

 スイーツ食べ放題しながらこんなに身体をふりしぼってしまった。

 ですが、後で他の参加者にきいてみたところ「スイーツ食べに来たから、2周くらいしか走らずに後は諦めたー」とあっけらかんとしている参加者もいました(キラキラ女子)。なんとー! スイーツマラソンは必ずしも完走が目的で来ている人だけとは限らないんですね。レッツエンジョイ、楽しめれば勝ちなんですね。

マラソンのお土産にはスイーツ!

 なんとか完走しきったアスキーチームの2人。ルイージ(ゆうこば)はギリギリ制限時間の1時間以内に走り切ったので完走証をもらえましたが、私ナベコはややオーバーをしてしまったため、完走証は出ませんでした。ゆうこばめ私を出し抜いて走り去ってしまって……。

 ゆうこばに恨み言をえんえんと言い続けようかと思いましたが、参加賞のお土産お菓子はふたりとももらえたので、まぁよしとします。

 なんとか走り切った感想は、普段身体を動かしてない人にとって7.5㎞はとてもツラい!! キツイ! 走りきれたのが奇跡! もう一歩も歩きたくない!

 とはいっても、走り切れたの、爽快!!

 スイーツを合間合間に走るってどうかと思ったのですが、給スイーツ所があることで途中で気分転換ができ、「また走ろう」ってなりました。ふだん運動していないから7.5㎞走り切れのが奇跡と感じましたが、スイーツがあるから乗り切れたような。マラソンビギナーには意外によかったかもしれません。

会場にはスイーツの販売屋台もありおみやげも買えますよ

 あと、参加者がガチガチのマラソンランナーばかりではなく、「スイーツを食べられたら完走できなくてもいい」くらいに気軽な人も多いので、取り残されてしまう不安感はありませんでした。

 とてもツラかったけど、走り切ったあとはやっぱり気持ちいい。途中でスイーツを食べても、です。ひと口スイーツだから、そこまでお腹が膨れ上がるほどではない。思っていたよりマラソン+スイーツはありでしたね。

 初心者でも気軽に参加できるスイーツマラソンは、次回は2月28日に大阪大会(2月13日エントリー〆)、3月6日まで福岡大会(2月20日エントリー〆)があります。走り切れないとしても、スイーツを食べているだけで充足感があるので、イベント感覚で友人と連れ立って参加するのにおススメです。

余談。マラソンの後にはやはりご褒美ビールが飲みたくなったので、もんじゃ焼き屋で乾杯。酒を飲みながらゆうこばに女性を置いて行ったことについて説教をくれてやりました。以上。

ナベコ

寅年生まれ、腹ぺこ肉食女子。特技は酒癖が悪いことで、のび太君同様どこでも寝られる。30歳になるまでにストリップを見に行きたい。Facebookやってます!

人気の記事:
酒好き必訪!超コスパの神楽坂「塩梅」の日本酒飲み放題 」「串カツ田中が100円均一なので、一番高い串を食べてきた」「アラサーが女子大生にまんまと成りすませるか試してみた」「“噂のダイソー100円ワインを飲んでみた

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう