2019年12月29日12時00分

賞金1億1000万円の「シャドウバース」世界大会が埼玉で開催、sasamumu選手が王座に

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket
シャドバ
12月27日、スマホ向けカードゲーム「シャドウバース」の世界大会「Shadowverse World Grand Prix 2019 GRAND FINALS」が開幕! 勝者には、世界チャンピオンの称号と賞金1億1000万円が贈られる

 Cygamesは12月27日、埼玉県・大宮ソニックシティホールにて、スマホ向けカードゲーム「シャドウバース」の世界大会「Shadowverse World Grand Prix 2019 GRAND FINALS」を開催した。

 12月25日に開催された「Shadowverse World Grand Prix 2019 Day1」には、世界各地の大会で優秀な成績を残した24名の選手が出場。そのうち、Tabata/SHG選手(日本)、ZeNX選手(中国)、AzureCloud選手(アメリカ)、pazuu選手(日本)、sasamumu選手(台湾)、jupi/Qwert選手(日本)、Tsubaki選手(韓国)、yoyo選手(台湾)の8名がGRAND FINALSへと進出した。

 GRAND FINALSでは8名の選手が競い合い、yoyo選手、sasamumu選手、ZeNX選手、jupi/Qwert選手の4名が準決勝へ。準決勝に勝利した2名が決勝戦で競い合い、勝者には世界チャンピオンの称号と、賞金1億1000万円が贈呈される。今回は、GRAND FINALSで最も熱かった準決勝と決勝戦の模様をお伝えしたい。

相手は盟友のyoyo選手!
台湾のsasamumu選手が決勝戦へ進出!

シャドバ
台湾出身のyoyo選手(左)とsasamumu選手(右)による準決勝・第1試合が始まった

 まずはyoyo選手、sasamumu選手による準決勝・第1試合がスタートした。両者ともに台湾出身のプレイヤーで、普段から鍛錬を積み、台湾オープンを戦った盟友でもある。第1試合では盟友同士の対決が繰り広げられた。

シャドバ
1戦目はsasamumu選手が勝利
シャドバ
2戦目もsasamumu選手が勝利を収め、2-0と優勢に
シャドバ
準決勝・第1試合はsasamumu選手が3-0で勝利し、決勝戦へ

 準決勝・第1試合は3-0でsasamumu選手が勝利し、決勝戦へと駒を進めた。

シャドバ
インタビューに応えるsasamumu選手

 インタビューにて、sasamumu選手は「yoyoとは普段家でプレイしているときの感覚で戦えたので、プレッシャーは感じませんでした。第1試合はミスをして悔しかったですが、第2試合、第3試合はプレッシャーを感じず、運を味方につけて勝利することができました」と準決勝の感想を述べた。

 決勝戦に向けた意気込みを問われると、sasamumu選手は「ここまできたので最後まで全力を尽くしたい」と語った。

奇跡の大逆転を決めたjupi/Qwert選手が決勝戦へ!

シャドバ
ZeNX選手(左)とjupi/Qwert選手(右)による準決勝・第2試合

 続いては、ZeNX選手とjupi/Qwert選手による準決勝・第2試合。準決勝まで勝ち残った日本のjupi/Qwert選手に注目が集まっていた。

シャドバ
1戦目はjupi/Qwert選手の勝利
シャドバ
2戦目もjupi/Qwert選手が勝利した
シャドバ
3戦目はZeNX選手が優勢だったが、終盤でjupi選手が大逆転を決め、勝利につなげた。日本代表として決勝戦へ歩を進めた

 第1、第2試合はjupi/Qwert選手が勝利し、2-0と大きく差をつけた。第3試合はZeNX選手が優勢だったが、終盤でjupi/Qwert選手が逆転を決め、決勝戦の切符を勝ち取った。

シャドバ
インタビューに応じるjupi/Qwert選手

 見事決勝戦へ歩を進めたjupi/Qwert選手。インタビューで決勝戦への意気込みを問われると、jupi/Qwert選手は「絶対は言い切れませんが、優勝できるよう精一杯頑張ります」とコメントした。

シャドウバース01
決勝戦の前に、埼玉県知事の大野 元裕氏が登壇。「eスポーツは48億円の市場にまで成長し、今後もますます盛り上がっていくものと思われます。埼玉の地でシャドウバースとeスポーツが発展することを祈念いたします」とあいさつを述べた

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking