2019年06月04日17時00分

松屋「創業ビーフカレー」は490円で完成している

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

スパイシーさ、コク、香り、すべてが490円とは思えない

cu
普通のカレーに見えますが……

 口に運ぶと、牛バラによるしっかりとした旨味と甘味が感じられます。そして後味にスパイシーな香りと辛味の両方が、きちんと主張する。具材も煮込まれているとはいえ食感をとどめていますし、びしゃびしゃした水っぽいカレーではない。どっしりとしたコクがあり、味に奥行きがあります。ビーフとスパイスの香りもよく、弱点がありません。

 松屋フーズの創業者、瓦葺利夫氏(代表取締役会長)が牛めし・焼肉定食店として東京は江古田に「松屋」をオープンしたのが1968年。1986年生まれの自分にとっては、創業当時のカレーをどれだけ忠実に再現しているのかは知るよしもないのですが、とにかく、きちんとしたカレーとして成立していることはたしかです。

cu
牛バラの旨味とコクが楽しめる、みごとなカレーです

 それにしてもよくできたカレーです。スキがない。あえて注文をつけるとすれば、具材がもっとごろごろ入っていれば、なおよかったのに……というところか。なんだか「ごろごろ煮込みチキンカレー」の残像を追いかけているようでアレな意見ですが、逆に言うと「490円のカレーでこれだけしっかりしているのに、まだなにか言うつもりなのか」と思わなくはありません。

a
創業チーズカレー。チーズの盛りつけに勢いを感じます。店員さんのさじ加減かもしれない

 トッピングにチーズを入れた「創業チーズカレー」(並590円、大盛690円)があったので、それも食べてみます。大ざっぱなチーズの盛りつけにビビりましたが、チーズのまろやかさが加わることで、かなりちゃんとした“欧風カレー”になります。

 ややチーズの塩気が強い気がしますが、文句があるとすればそれぐらい。それにしても、590円でこのレベルのカレーを食べるのは、なかなか困難でしょう。少なくとも、松屋の店舗を探すよりはむずかしいはず。

cu
松屋の味噌汁は麹入りなのは、瓦葺会長の意向によるものだそう。カレーに合うかどうかはあなた次第です

 チェーン店で、490円で食べられるメニューとして、最高峰のものではないでしょうか。圧倒的に“完成”しています。カレー自体の味でいえば、松屋の畢生の大作「ごろごろ煮込みチキンカレー」より上かもしれない。あちらはチキンのボリュームで他を凌駕するバリューを生み出していましたが、こちらは純粋にカレーとしてすばらしい。

 よい意味で、納得の490円。これ以上の味かボリュームを求めるとなったら、ワンコインではまず無理でしょう。もっと高い価格になるか、専門店に行かないと……と納得させてくれるような、アンダー500円で「よくぞここまで」の完成度に持ってきた松屋フーズに、すなおに脱帽です。ブラヴィッシモ!


モーダル小嶋

a

1986年生まれ。担当分野は「なるべく広く」のオールドルーキー。編集部では若手ともベテランともいえない微妙な位置。

人気の記事:
「松屋『ごろごろ煮込みチキンカレー』との長いお別れ」「名門ECMついにストリーミングに! 必聴アルバム25選」「デザインも機能もさりげない ハイブリッドスマートウォッチに惚れた」

■関連サイト



■「アスキーグルメ」やってます

 アスキーでは楽しいグルメ情報を配信しています。新発売のグルメネタ、オトクなキャンペーン、食いしんぼ記者の食レポなどなど。コチラのページにグルメ記事がまとまっています。ぜひ見てくださいね!

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking