2016年10月08日18時00分

便利すぎィ!iPhoneで使えるUSBメモリーおすすめ1選

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket
a

 ファイルの保存、持ち運び、受け渡しに、やたらと便利なUSBメモリー。もしあなたがiPhone/iPadユーザーならば、「ADDON Pendrive iFlash Pro」をぜひ選択肢に入れてほしいなと。Lightningコネクターを採用しているので、iPhone/iPadにそのまま接続できるのです。

 要するに、普通のUSBメモリーですけれども、iPhoneやiPadでも使えるよ……というモノです。便利ィー! 容量は32GB/64GB/128GBの3種類があります。

a
見た目としては普通のUSBメモリーです
a
当然のごとくUSB 3.0端子があります
a
なんと反対側にはLightning端子があります
a
つまりこういうことです

 iOSでの使用は専用アプリ「Pendrive iFlash Pro」を利用します。といっても、iPhone/iPadに接続すれば「App Storeからダウンロードしてもいいですか」という内容のダイアログが出るので、OKをタップすればいいだけです。

a
専用アプリ「Pendrive iFlash Pro」

 PCに繋いだ場合は、まったく普通のUSBメモリーとして使えます。一方、iPhone/iPadに繋いだ場合は、専用アプリからPendrive iFlash Pro内のファイルにアクセスすることになります。

 iPhone内の画像や音楽をPendrive iFlash Pro内に移動させたい場合、アプリから移したい画像や音楽などのファイルを選び、コピーするだけ。もちろんその逆も可能です。また、データを移さなくても、アプリ上でPendrive iFlash Pro内の動画/音楽ファイルの再生もできます。もちろん、画面ロック中でもバックグラウンドで再生します。

 そして、iPhone/iPad本体の「連絡先」「カレンダー」「写真」のバックアップや同期ができます。さーらーに、Instagramの写真もバックアップができるんですよ。イマドキな感じでいいじゃないですか。

a
a
移したい画像や音楽などのファイルを選んで、Pendrive iFlash Proにほいほいと入れられます。iPhone/iPadの容量がもう限界、というときの逃し場所としても機能します
a
a
iPhone/iPadとPendrive iFlash Proの容量を確認しつつ、写真や連絡先、Instagramなどのバックアップを取れます

 クラウドストレージとの連携機能もいいですね。Dropbox、Google Driveにログインして、アプリからクラウドストレージ内にアクセスし、ファイルを閲覧したり、Pendrive iFlash Proの中に保存できたりします。

a
a
アプリからDropbox内のファイルにアクセスして、そのままPendrive iFlash Pro内に入れたりなんてこともできる
a
a
Touch IDでロックを解除するという設定もできますし、自動バックアップの設定も可能

 ネット環境がない場所でもデータ移動が可能。外出先でもPCからiPhone/iPad間で、大きな容量のデータをどんどん移動できるのはうれしいところ。「iPhoneやiPadの容量がパンパンで助けてほしい」というときは、Pendrive iFlash Proに助けてもらいましょう。それでいて、何度もいいますが、普通のUSBメモリーとしても使えるのが役に立つわけです。

 本体サイズはおよそ幅66×奥行き21×高さ10mm。もちろんMFi認証を取得しています。

a
パフォーマンスと対応ファイル一覧

 カラバリはゴールド、シルバー、ローズゴールド。価格は32GBが5378円、64GBが8618円、128GBが1万2744円。この機会にいかがでしょうか。

ADDON Pendrive iFlash Pro

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking