2015年05月29日19時00分

日本人はAndroidで世界一ゲームやってることが判明!アプリにお金もバンバン使う

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 みなさん、こんばんは。とりあえず週刊アスキーの吉田でございます。さて、アプリ調査会社であるApp Annieが、日本時間の28日深夜から開催される米グーグル社の開発者向けイベント「Google I/O」に合わせて、Google Playの成長を分析したレポートを公開しましたよ。

App Annie
Google Playの直近2四半期のワールドワイドでのアプリ収益。

 それによると、Google Playは2014年第4四半期(10~12月)から2015年第1四半期(1~3月)で、ダウンロード数は1.3倍、アプリの収益は1.4倍と、市場が急速に拡大しているとのこと。ダウンロード数よりも収益のほうが伸びているということは、アプリで稼げる環境がより整ったという言えますね。

App Annie
国別のGoogle Playのアプリダウンロード数。

 ダウンロード数の伸びはブラジルやインドなどの新興市場での伸びが大きく貢献したそうです。実際にブラジルでは1.9倍、インドでは1.5倍も伸びています。

App Annie
国別のGoogle Playのアプリ収益。

 一方のアプリ収益は、日本、米国、韓国での伸びが大きく影響したそうです。日本で1.4倍、米国で1.5倍となっています。この集計を見ても、日本人のスマホアプリ好きは突出していますね。スマホ人口が日本よりも多いと思われる米国よりも日本のアプリ収益がかなり上回っているんです。

App Annie
ダウンロード数では新興国、収益では先進国が牽引。

 日本はダウンロード数のランキングではトップ10に入ってませんが、アプリ収益では1位です。日本では、パズドラやモンストなどの一部のゲームの収益が突出しているのがこのランキングに現れているようです。要するに一部のアプリが信じられないぐらい高収益を上げているということでしょうか。

 カテゴリー別で見ると、やはりゲームの成長が目覚ましいですね。ダウンロード数では、さすがにそれ以外のアプリのほうが大勢を占めているものの、アプリ収益はそのほとんどがゲームです。

App Annie
ゲーム以外のジャンルの伸長グラフ。通信には、LINEなどのコミュニケーションツールも含まれます。

 ゲーム以外のジャンルはどうかというと、ツール、通信、写真、カスタマイズなどのジャンルがダウンロード数を大きく伸ばしています。

App Annie
アクティブユーザーのスマホアプリの利用時間を見ると、日本人は他国の人に比べてゲームばっかりやってることがわかります。

 App Annieが先日公開したレポートでも日本人のスマホ依存の傾向は見られましたが、日本はやはりゲームばっかりやっているということわかります。日本で稼ぐならやはりゲームアプリの開発ですね。

App Annie
Google Playの非ゲームアプリのアクティブユーザーのランキングでは、日本のLINE、SPモードメール、韓国のカカオトークを除くとグーグルのサービスが上位を占めています。

 ゲーム以外のランキングでは、やはりGoogleのサービスが強いですね。プリインストールされているので、使うユーザーが多いということもありますが。その中で日本はLINE、韓国はカカオトークが上位に入っているなど、メッセージングアプリの人気は国によって大幅に異なるようです。日本ではこのほか、ドコモのキャリアメールの送受信が可能な「SPモードメール」がランクインしている以外は、他国の傾向と同じです。

App Annie
ゲームランキングでは、日本だけパズドラやモンスト、ツムツムが上位になるなど、ガラパゴス状態です。

 ゲームランキングでは、日本だけが独自のランキングを形成していることがわかります。

 全体を総括すると、先進国ではアプリ収益が、新興国ではダウンロード数がそれぞれ伸びており、アプリ収益を牽引しているのは日本。日本では、アプリの課金率が高く、独自のゲームアプリが人気。そして、他国に比べてゲームを楽しむ時間長いといったところでしょうか。世界的に見てもアプリで収益を上げるならゲームアプリが手っ取り早いですが、日本ではその傾向がより強いようですね。

■関連サイト
App Annie
Google I/O 2015スペシャルレポート

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking