2015年05月27日12時00分

気になる格安SIMの設定と実測速度をXperiaでチェック:楽天モバイル5月計測編

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket
楽天モバイル5月計測

 この連載では、ここ最近話題になっているもしくは話題になった格安SIMのAPN設定や実測速度を紹介していきます。

 今回は、ファーウェイ製のデュアルカメラ搭載機『honor6 Plus』やインテルのAtomやメモリー4GBで注目されるエイスースの『ZenFone 2』の取り扱いを開始したことでも注目されている楽天の格安SIM『楽天モバイル』の再計測と初期設定をXperia Z3 Compactでチェックしていきます。

●楽天モバイル
コース名 ベーシック 3.1GBパック 5GBパック 10GBパック
通信容量 無制限
(最大通信速度200Kbps)
3.1GB/月 5GB/月 10GB/月
月額料金 通信のみ 567円 972円 1566円 2441円
SMS対応 +130円
音声対応 +756円
最大通信速度 下り最大150Mbps/上り最大50Mbps

●“楽天モバイル”の実測速度を確認
※計測の端末はXperia Z3 Compact SO-02Gを、計測アプリは『RBB TODAY SPEED TEST』を利用。東京・飯田橋駅付近で計測しました。

楽天モバイル5月計測
  5月24日(日)
12時20前後
5月24日(日)
2250時前後
5月25日(月)
12時50分前後
5月25日(月)
22時前後
下り 1.96Mbps 2.78Mbps 1.24Mbps 2.58Mbps
上り 1.55Mbps 0.65Mbps 3.58Mbps 6.23Mbps
●4月計測結果
  3月15日(日)
12時前後
3月15日(日)
22時前後
3月16日(月)
12時20分前後
2月16日(月)
22時30分前後
下り 17.07Mbps 10.93Mbps 20.45Mbps 16.84Mbps
上り 8.23Mbps 13.44Mbps 18.71Mbps 8.03Mbps

 平日、土日の昼ごろと夜の回線が込み合うピークタイムで計測。残念ながら速度の低下が体感できるレベルでした。深夜帯など、時間をずらして計測してもあまり変わりませんでした。ただ、速度が低下するほどユーザーが増えていると考えられるので、今後の通信設備の強化に期待ですね。

●iPhoneで“楽天モバイル”を使えるようにする手順

楽天モバイル5月計測

 “楽天モバイル 構成プロファイル”とSafariで検索して、楽天ブロードバンドの会員サポートから構成プロファイルをダウンロード。

楽天モバイル5月計測

 インストールすれば準備完了。

ぷららモバイル

 モバイルデータ通信とLTE回線を使用の項目にチェックしてしばらく待つと、LTEで通信できるようになります。

●Androidで“楽天モバイル”を使う手順

設定に必要なデータ
APN vdm.jp
ユーザー名 rakuten@vdm
パスワード vrkt
認証タイプ CHAPまたはPAP
OCN モバイル ONE

 “設定”を開いて“その他のネットワーク”から“モバイルネットワーク”をタップ。

OCN モバイル ONE

 次に“アクセスポイント”をタップして、右上の“+”からAPNの新規作成画面を表示。

楽天モバイル5月計測

 名前を会社名や契約したプラン名など判別のつく内容にして、APNには“vdm.jp”を入力。ユーザー名に“rakuten@vdm‟、パスワードに“vrkt”を入力します。

楽天モバイル5月計測

 下のほうへスクロールすると現れる認証タイプから“PAPまたはCHAP”を選択。

OCN モバイル ONE

 モバイルデータ通信にチェックが入っているかを確認。また、ネットワークモードはLTEか3Gが含まれているものを選択(機種によっては3GがWCDMAになっていることもあります)。

※SIMロック解除の有無に関わらず、キャリアの端末で格安SIMや他キャリアのSIMカードを使うと、サポートが受けられなくなったり、端末に不具合が生じる危険性があります。編集部では責任を負いかねますので、すべて自己責任で作業してください。

※2015年5月29日0時30分追記 料金表の一部が間違っておりました、お詫びして訂正いたします。

●関連サイト
楽天モバイル

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking