2015年05月19日13時40分

【更新終了】予約は今晩!価格は8万1800円から!マイクロソフトがSurface 3を発表

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 マイクロソフトが2015年5月19日14時から開催する、Surface 3の国内発表のもようをリアルタイムでお届けします。気になるのは、発売時期と価格ですね。

Surface 3
国内ではいち早くLTE版Surface 3がソフトバンク(ワイモバイル)からリリースされることが発表されました。
Surface 3
会場に到着。
Surface 3
樋口社長が登場しました。先ほどのソフトバンクの発表会とは打って変わってロゴTシャツ姿です。「本日、日本でも無事に発表できて大変喜んでおります。マイクロソフトはいま、大変な勢いで変革をしております」と。
Surface 3
「この一年、反撃が始まったといわれることが多い。その第1弾がフルPCの機能を詰め込んだSurface 3」であることを強調。

 Surface 3については、ソフトバンクと戦略的に協力していくとのこと。

Surface 3
これが真のタブレット。Surface 3は大きさ、価格帯、LTE搭載など、申しぶんのないスペックとなっている。

 ここからは、CEOであるサティア・ナデラ氏のビジョンの紹介に移ります。ナデラCEOの就任から変わってきたこととして、「どのPCを選ぶかでなく、どのエコシステムを使うということ」が重要になったとのこと。個人も会社の生産性の高いデバイスを必要としており、Suraface 3はまさにその両方を兼ね備える機種であることをアピールしました。

 WindowsとSurfaceのジェネラルマネージャーを務めるブライアン・ホール氏が登壇。 

Surface 3
WindowsとSurfaceのジェネラルマネージャーであるブライアン・ホール氏。

 「Surface Pro 3はモバイルとパワフルなラップトップ並みの製品を組み合わせた製品として支持された」と発言。その次をどうするかと考えたときに「これまで培ったものをもっとモバイル向けに、より手ごろな価格で、より多くの人に提供していく」という考えに決まった。

Surface 3
Surface 3はさまざまなシーンで使えるデバイス。

 そのあとにSurface 3が発表されました。「8.7ミリです。本当に薄い。その中にみなさんが欲しいものが入っている」と言及。また、タブレットとしては622gで最軽量であることもアピール。「何も犠牲にすることなく、ドルビースピーカーまで搭載。フロント、リア、どちらも素晴らしいカメラが搭載されている」とのこと。

Surface 3
Surface 3は8.7ミリの薄さで、重さは622gと超軽量。
Surface 3
Surface 3
LTEをサポートするモデルは日本が世界で初の発売となる。
Surface 3
取り外し可能なキーボードは、「5種類の素晴らしい色をそろえている」とのこと。
Surface 3
キックスタンドは3段階のポジションで固定可能。
Surface 3
写真ではわかりませんが、ソフトバンクの回線を使ってデモされています。
Surface 3
契約期間1年のOffice 365プレミアムが付属。

 価格も発表されました。個人向けの4G LTE版は8万1800円。法人向けのWi-Fi版は6万8800円から、4G LTE版は7万8800円から。ストレージは、64GB、128GBの2モデルを用意。予約は今晩から開始で、発売は6月19日金曜から。

Surface 3
個人向けの4G LTE版は8万1800円から。
Surface 3
予約は今晩の5月20日午前零時から。
Surface 3
Surface 3の発表直前に三井住友銀行が採用を発表。1000台を導入。ワーキングマザーや時間制限のある従業員向け。
Surface 3
ソフトバンクモバイルのエリック・ガン専務が登壇。
Surface 3
ソフトバンクモバイルのエリック・ガン専務は「命懸けてやってきた」と発言。今回の戦略的な提携により、まずは4G LTE版のSurface 3を日本で発売して、そのあとに海外に展開したいと考えていることを明らかに。

 法人向けはソフトバンク、個人向けはワイモバイルのチャンネルでの販売となる。 法人向けはOffice365と高速LTEネットワーク、サポート、保守、レンタルをセットにして販売。個人向けは、エディオン、ケーズデンキ、コジマなどの量販店、ワイモバイルショップ、ワイモバイルオンラインストアで販売する。Surface 3はデータ通信上限月7GBをスマホとシェアすれば、機種代金のみで8万1800円。Surface 3のみの契約の場合、3年間の月額料金は3696円。

Surface 3
Surface 3はデータ通信上限月7GBをスマホとシェアすれば、機種代金のみは8万1800円。
Surface 3
Surface 3のみの場合、3年間の月額料金は3696円+端末代金。

 ワイモバイル契約セット購入者全員を対象として月額基本料金3カ月無料、予約特典としてSurfaceペンをプレゼント。

Surface 3
月額基本料金3カ月無料とSurfaceペンのプレゼントキャンペーンを実施。

 Surface 3のCM映像が流されたあと質疑応答へ。

Surface 3
質疑応答へ。

——個人向けを4G LTE版のみにした理由は?
マイクロソフト 日本ではLTEの普及率が高いため、よりデバイスを使っていただきたいという理由から決定した。個人向けにWi-Fiモデルを出すかどうかは決まっていない。

——4G LTEモデルはSIMロックがかかっているのか?
マイクロソフト 端末はSIMフリー。

——個人向けはワイモバイル経由だが、Surface 3の購入時に回線契約は必須なのか?
マイクロソフト 一括なら契約なしの端末購入だけも可能。でも、SIMも一緒に契約してもらえるとうれしい。

——以前はドコモと法人パートナー契約を結んでいたと思うが?
マイクロソフト ソフトバンクさんに切り替えるということではなく、ドコモさんとの契約は今後も継続する。

——グローバル版は?Windows 10搭載版は?
マイクロソフト ハードウェア構成などは国によって異なる。Windows 10については快適に走るはず。

——4G LTE版のSurface 3に1カ月のデータ通信制限はあるのか?
マイクロソフト 単独での契約のほうに制限はかけていない。

——ネットワークをワイモバイルに最適化しているいうことだが、リリース内に記載されている周波数バンド以外では動かない?
マイクロソフト LTEバンドは、1、3、8のみをサポートしている。ほかのバンドを使うのは違法になる可能性がある。

——米国などのように旧Surfaceの下取りキャンペーンなどはあるのか?
マイクロソフト 今後検討していく。

——ソフトバンクモバイルのエリック・ガン専務が使っているキーボードは?
マイクロソフト 特別仕様のもので販売の予定はありません。

Surface 3
ワイモバイル(ソフとバンク)の回線につないでいるところ。

●おもなスペック(一般向け)
ディスプレー:10.8インチタッチ液晶(1920×1280ドット、10点マルチタッチ)
CPU:Atom x7-Z8700(1.6GHz、最大2.4GHz、クアッドコア)
メモリー:2GB(64GBモデル)/4GB(128GBモデル)
ストレージ(SSD):64GB/128GB
カメラ:800万画素(インカメラ約350万画素)
インターフェース:USB 3.0、マイクロUSB、Mini DisplayPort、マイクロSDカードスロットほか
バッテリー駆動時間:10時間以上
通信:LTE(バンド1/2.1GHz、バンド3/1.7GHz、バンド8/900MHz)、3G(バンド1/2.1GHz、バンド8/900MHz)、IEEE802.11a/b/g/n/ac、Bluetooth 4.0
OS:Windows 8.1 Update(64ビット)
サイズ:267(W)×8.7(D)×187mm
重量:約622g(4G LTEモデルは約641g)
カラバリ:ブラック、シアン、ブルー、レッド、ブライトレッドレッド
付属アプリ:Office Home & Business Premiumプラス Office 365サービス

■関連サイト
ソフトバンク
マイクロソフト
Surface 3プレスリリース

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking