2014年10月07日22時00分

『GeForce GTX980M/970M』発表 性能はデスクトップ用の80%まで近づく

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 先日発売開始したNVIDIAのデスクトップ用新GPU『GeForce GTX980/970』に続き、ノートPC用の『GeForce GTX980M/970M』も発表された。 GPUのアーキテクチャーはデスクトップ用と同じくMaxwell(マックスウェル)アーキテクチャーを採用しており、機能面での特徴は全く同じとなっている。

GeForce GTX980M/970M

主な特徴
●ボクセルグローバルイルミネーション(VXGI) 反射による間接照明など、複雑な環境光を低負荷でよりリアルに描写する機能●MFAA 2×MSAA相当の負荷で4×MSAAの効果を実現するアンチエイリアシング
●DSR 1080pのゲームを、GPUの内部では4K解像度でレンダリングを行ない、ラスタライズの段階で1080pにダウンスケーリングして表示する技術
●Battery Boostの改善 フレームレートの上限をドライバー側で固定することで、バッテリー駆動時のGPUの動作を制限して電力消費を抑える、GeForce 800Mからの新機能

  GeForce GTX980M GeForce GTX970M
ダイ GM204 GM204
CUDAコア 1536 1280
GPクラスター 4 4
ベースクロック 1038MHz+Boost 924MHz+Boost
L2キャッシュ 2MB 2MB
メモリークロック 2500MHz 2500MHz
ビデオメモリー 最大4GB GDDR5 最大3GB GDDR5
メモリーバス幅 256ビット 256ビット
DirectX 12 12

 

 これまでノート用GPUといえば、グラフィック描画性能ではハイエンドの製品でもデスクトップ用のミドルレンジクラスと同等かそれ以下であったが、「GTX980Mのグラフィック性能はGTX980の約80%」だという。実際のベンチマークは追ってお伝えするとして、NVIDIAの資料によると『3DMark Fire Strike Extreme』のスコアーが4171、週アスで行なったGeForce GTX980のベンチマークでは5640と、約74%の性能となった。条件にもよるが、80%という数字も大げさではないようだ。

 搭載するノートPCの発売タイミングはOEMメーカーによるが、ASUS、MSI、Gigabyte、マウスコンピューター製品のベースとなっているClevoなどが名を連ねている。

 ゲーム用途として、性能面では十分な領域まで達した。もちろん、PCにインストールしたゲームを手元のAndoridタブレットで遊べる“GameStreaming”機能も利用できるので、先日発売された『SHELDタブレット』の母艦機として、GTX980M/970M搭載ノートPCを選択するのもアリかもしれない。

■関連サイト
NVIDIA

NVIDIA SHIELDタブレット 初回限定 3点パック(週アスオリジナル液晶保護フィルム付き)
アスキーストアで購入

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking