2013年01月07日11時53分

キーボード逆挿しできる『ThinkPad Helix』レノボが発表:CES2013

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket
キーボード取り外し逆挿しも可能な『ThinkPad Helix』を発表:CES2013

 レノボは、11.6インチ液晶搭載のウルトラブックながらキーボードを取り外してタブレットとしても利用可能な『ThinkPad Helix』を発表した。
 2月後半以降に各国で出荷予定だが、国内販売は未定。

 本製品は、”Rip and Flip”と呼ばれる設計を採用し、画面を裏面にしてキーボードに取り付けることが可能。これにより、プレゼン時に画面を相手に見せながら、キー操作を使うことができる。

 また、そのまま画面をキーボード側に倒すことで、キーボード側のバッテリーや端子を利用しつつタブレットとしても利用できる。

 

キーボード取り外し逆挿しも可能な『ThinkPad Helix』を発表:CES2013

↑デジタイザーペンも付属し、手書きにも対応。

●関連サイト
レノボ

●ThinkPad Helix
CPU:Core i7
液晶ディスプレー:11.6インチ(1920×1080ドット)
バッテリー駆動時間:10時間(キーボード接続時)
インターフェース:ミニDisplayport、USB2.0(キーボードにUSB3.0×2)
重量:約1.8kg(キーボード取り付け時)、約835g(タブレットのみ)
その他機能:NFC、1080pウェブカメラ、Dolby Home Theater v4
など搭載

CES2013まとめ:世界最大家電ショウ

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking