2012年09月11日10時00分

最強AFデジ一眼『PENTAX K-5 II』発表 上級者用ローパスレス機も

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 ペンタックスは、同社デジタル一眼レフ“K”シリーズの最上位機を発表した。

『PENTAX K-5 II』
●10月中旬発売予定
●11万円前後(ボディーのみ)、16万円前後(18-135WRレンズキット)

K-5II

 撮像素子は、23.7×15.7mmのAPS-Cサイズで、有効画素数は1628万画素。新開発のAFモジュール“SAFOX X(サフォックス・テン)”を採用し、AFセンサーの高感度化を実現。他社ハイアマ向け機でも、-0.5~18EVぐらいのAF輝度範囲が“-3~18EV”へと拡大。さらに、従来のF5.6に加え、大口径レンズ使用を見越してF2.8の光束にも対応。精度の高いピント検出を実現する。

K-5II

 広視野角で見やすい3インチ、約92.1万ドットの液晶を搭載。反射防止コートはもちろん、ガラス素材のフロントパネルと液晶面の間の空気層をなくした“エアギャップレス”構造で、光の反射や分散を抑え、映り込みなども大幅に軽減している。

K-5II
↑光学ファインダーは視野率100%、倍率0.92倍のガラスプリズムを搭載。
K-5II
↑グリップ部。
K-5II
↑全77ヵ所にシーリングが施されており、マイナス10度までの耐寒仕様。

 カメラ本体の外装に軽くて上部なマグネシウム合金、シャーシには剛性の高いステンレス合金を採用した防塵防滴構造。10万回のシャッター耐久や、視野率100%の光学ファインダーなど、最上位機らしい仕様だ。

 また、ローパスフィルターレスの上級者向けモデルも発表。

『PENTAX K-5 II s』
●10月中旬発売予定
●12万円台半ば(ボディーのみ)

K-5II
↑型番名に“s”があるが、ローパスフィルターがないだけで、性能・外観ともに違いはない。
K-5II

 モアレの原因となる高周波を遮断するローパスフィルターをなくすことで、高い解像感を得る“ローパスフィルターレス”モデル。モアレと戦いつつも、解像感を際立たせたい!! という上級者向けのモデルだ。風景など立体感のある撮影に適している。

PENTAX K-5 II/PENTAX K-5 II s  SPEC
撮像素子 23.7×15.7mmAPS-CサイズCMOSセンサー
有効画素数 1628万画素
付属レンズ 光学7倍ズーム(35ミリ換算27.5~207mm)、F3.5-5.6
動画 1920×1080ドット(25fps)
液晶ディスプレー 3インチ(約92.1万ドット)
記録メディア SDXCカード
サイズ/重量 131(W)×72.5(D)×97(H)mm/約760g(撮影時)

 

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking