2012年08月29日13時30分

レノボ『ThinkPad X1 Carbon』がついに発売! 14インチ世界最軽量ウルトラブック!!

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket
ThinkPad X1 Carbon

 日本全国のThinkPadファンのみなさん、お待たせしました!

 レノボが8月29日、ThinkPadシリーズ初のウルトラブック『ThinkPad X1 Carbon』を発表しました。14インチアンチグレア液晶(1600×900ドット)を採用し、最薄部は約8ミリ、重量は約1.36kg。14インチ液晶搭載機では世界最軽量だそうです(レノボ 2012年8月29日調べ)。昔からThinkPadを愛用してきた者としては、とても信じられないようなスペックを誇るThinkPadです。

 実際のところ、すでに米国では8月上旬に正式発表されていたので、「いったい国内ではいつになったら発表するんだ!?」と気をもんでいた人も大勢いることでしょう(含む筆者)。これでやっと安心して眠れます。と、ここで油断しちゃいけません。販売開始は、法人モデルが8月29日(水)より、直販サイトのレノボ・ショッピングでは8月30日(木)より順次となります。

 ThinkPad X1 Carbonの魅力は、軽薄さ(笑)と使い勝手のよさを両立しているところです。T430などと同じ14インチサイズになった液晶(以前のX1は13インチ)。アイソレーション型になっても過去の評判を落とさず、さらに進化を遂げたキーボード。昔からなじんだトラックポイントを残しつつ、Windows8での操作も見据えたマルチジェスチャーガラス採用タッチパッド。天板とロールケージで採用したカーボン素材による堅牢性など――。これぞ待ちに待ったThinkPadという感じです。まだじっくり触っていないので期待も多分に込めてではありますケド。実際に触れたらまた詳細記事などをお届けする予定です。

ThinkPad X1 Carbon

 以下、スペックです。

ThinkPad X1 Carbon

●CPU、メモリー:Core i5-3317+4GB/Core i5-3427+4GB/Core i5-3427+8GB/Core i7-3667U+4GB
●SSD:128GB/256GB
●ディスプレー:LEDバックライト付き14インチアンチグレア液晶(1600×900ドット)
●サイズ/重量:331(W)×226(D)×8-18.8(H)mm/約1.36kg
●ポート類:USB3.0×1、USB2.0(Powered USB)×1、4in1メディアカードリーダー(SD、MMC、SDHC、SDXC)、Mini-Displayport、指紋認証、バックライトキーボード、ACアダプター(90W)、HD720pカメラ、マイクロフォン/ヘッドフォン・コンボジャック、TPM、インテル Centrino Advanced-N 6205 a/g/n
●オプション:Bluetooth 4.0
●バッテリー駆動時間(Core i7、4GB、256GB:JEITA):約7.8時間
●対応技術:Dolby Home Theatre v4、RapidCharge(35分で80%充電)、Lenovo Enhanced Experience 3
●周辺機器、ポート類(オプション):ThinkPad USB3.0ドック、Mini DisplayPort - DisplayPortケーブル、Mini DisplayPort - Single Link DVIアダプター、Mini DisplayPort - VGA変換アダプター、USB2.0イーサネットアダプターなど

 従来のDockには非対応だったり、キーボードを上から照らすライトがなかったり(バックライトはある)、有線LANやDVIがアダプター(オプション)対応になっていたり、メモリーやSSDが増設・交換不可だったりと、細かく犠牲になってる部分もありますが、そこはやはり、薄さとトレードオフになるさだめ。すべてを受け入れてポチる所存です。

■関連サイト
レノボ
 

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking