2012年02月07日14時00分

ミラーレス・キラー!? キヤノンが最高峰コンデジ『PowerShot G1X』を3月に発売

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

『PowerShot G1X』
●直販価格 7万4980円
●3月上旬発売予定

G1

キヤノンが“キヤノン史上最高画質”とうたう同社のコンパクト機、最高峰モデル。これまでPowerShotをけん引してきた『G』シリーズの最新作。『G12』の上位モデルにあたる。特徴は自社開発の1.5インチCMOSセンサーを搭載し、最新のエンジン“DIGIC 5”を搭載したハイエンドっぷり。

センサーサイズ比較(小→大)
一般的なコンパクトデジカメ(1/1.7型) 7.4×5.6mm
1インチサイズ 13.2×8.8mm
フォーサーズ(マイクロフォーサーズ) 17.3×13mm
PowerShot G1X 18.7×14mm
APS-C 22.3×14.9mm
フルサイズ 36×24mm

※センサーサイズは目安。メーカーにより同規格でもサイズが変わる場合があります。

 一般的なデジカメといっても1/1.7型は、サイズの大きな方だ。新製品でもさらに小さな1/2.33型などもある。その1/1.7型と比べてみると面積比は約6.3倍。

G1
↑新開発のセンサー。『PowerShot G12』の約4.5倍の光が取り込めるという。

大型センサーとDIGIC 5により、一眼並みのボケ味が楽しめるほか、ISO12800での高感度撮影が可能。さらに14bit RAWへの対応や、光効率アップ、低ISOへのレンジ拡大などを実現。さらにフル画素で秒4.5コマの連写ができる。

G1
↑3インチ液晶は92.2万ドットの高精細仕様。
G1
↑バリアングルで撮影シーンを手助け。

気になるのは、実際に撮影した際の画質ですが…… 2月14日発売の週アスで報告予定っす! 

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking