週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

iPadOS 16の配信開始! iPadをPCライクに使える「ステージマネージャ」が目玉機能

2022年10月25日 02時20分更新

 アップルは、iPad向けOSの最新バージョン「iPadOS 16」の配信を開始した。

 iCloud共有写真ライブラリやメッセージアプリでの送信後の編集、新たな天気アプリなど、iOS 16で追加された機能も同様に導入されているが、目玉と言える新機能が「ステージマネージャ」だろう。

 このステージマネージャは、A12X Bionic、A12Z Bionic、M1/M2搭載のiPad Pro/iPad Air(第3世代12.9インチiPad Pro、第1世代11インチiPad Pro、第5世代iPad Air以降)で利用できるもので、iPadアプリを起動後にウィンドウサイズを自由に変更したり、アプリウィンドウを重ね合わせて表示したり、複数アプリの組み合わせをグループとして保存して、Dockから開くなどの操作が可能になる。まさにPC/Macライクな使い勝手がiPadで実現されるものだが、作業中のアプリは自動で中央に目立つように表示されるなど、独自の操作性も実現されている。

 また、M1/M2搭載のiPad Pro/iPad Airについては、さらにこのステージマネージャを外部ディスプレイに拡張して利用できるようになる。この外部ディスプレイのサポートについては、年内の対応としている。

 

■関連サイト

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう