週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

【レビュー】第2世代「AirPods Pro」登場! 実力を全方位検証

2022年09月23日 10時00分更新

空間オーディオ再生のパーソナライゼーションを行うと、対応するコンテンツでより切れ味鋭いサウンドが楽しめるようになります

iPhoneのTrueDepthカメラでユーザーの耳画像を撮影し
空間オーディオ再生を個人に最適化する

 Apple MusicやApple TV+で空間オーディオに対応する音楽や動画を再生して楽しむ際には、あらかじめiOS 16に新設された「パーソナライズされた空間オーディオ」を設定すると、サウンドがより力強く立体的に感じられるようになります。

 パーソナライズされた空間オーディオは、iPhoneのTrueDepthカメラを使ってユーザーの耳画像を撮影し、人によって異なる耳の形や周辺の骨格に合わせて立体音楽体験を最適化する機能です。

 AirPods Proの設定に入ってから、Face IDを登録するような手順で顔の輪郭、左右の耳画像を順に撮影します。セットアップは1分程度で完了するので、AirPods Proを初めてiPhoneにペアリングしたタイミングですぐに忘れず設定しておくと良いでしょう。

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう