週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

1988年に発売された「世界標準キーボードの原器」を手に入れた

2022年09月22日 12時00分更新

バックリングスプリングキーボードの分解清掃はツールさえあれば簡単確実にできる。キーキャップは二重構造になっており世界中の言語に簡単に対応できた

 キーキャップを引き抜くには、ごく一般的なキープラーや小振りなアーミーナイフなどがあれば十分だ。SpaceSaverキーボードも、5576-003もキープラーでキーキャップを引っ掛け上方向に少し強く引っ張ると簡単に取り外せる。昨今のキーキャップと多少異なり、SpaceSaverや5576-003のキーキャップは二重構造になっており、表層の文字の印刷されている上層のキャップを交換することで、世界中の言語に素早く対応できる仕組みだ。

 そして、続いてキーボード基盤に固定されているキースイッチも、簡単に取り外すことが可能だ。最終的にキースイッチ本体、キーキャップベース、キーキャップの3つの構成部品に分解することが可能だ。

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう