週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

1988年に発売された「世界標準キーボードの原器」を手に入れた

2022年09月22日 12時00分更新

 当然ながら5576キーボードは、いずれのモデルもUSBポートなどというモノは出現以前で、パソコン本体につなぐインターフェースは丸いPS/2ポートだ。キーボード本体側は、フラットなイーサネットの様なユニークなプラグが取り付けられている。キーボード本体には、そのプラグを接続するポートとキャップで覆われたPS/2マウスポートがある。また背面には内蔵スピーカーがあるが、これはPS/55のシステムユニット以外では動作しないはずだ。

今では見る機会も減ったIBM PS/2プラグ。SysRqやBreakの印字が見えるレガシーなキー。今も理由や目的を知らずに同様に印字してるキーボードメーカーもある

5576-003はデタッチャブルケーブルだ。キーボード本体側は特殊な形状だ

キーボード本体にマウス用のポートも用意されている

キーボード内蔵スピーカーはPS/55システムユニットでのみ動作

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう