週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

iPhone 14より一足早く、iOS 16配信開始! iPhone 8以降でインストール可

2022年09月13日 02時12分更新

 iPhone 14の発売を今週16日に控えているが、アップルは12日(現地時間)、iOSの最新バージョン「iOS 16」の配信を開始した。iPhone 8以降のデバイスで適用できる。

ロックを解除しなくてもさまざまな情報が入手可に
iPhone 6sや7、第1世代SEがサポートから外れる

 iOS 16の新機能についてはWWDC時のレポートなども合わせてチェックしてほしいが(「iOS 16の12の新要素・新機能を総ざらい ロック画面の大幅変化に子供向けの管理機能も」)、ロック画面がカスタマイズ可能になり、時計のフォントを変えたり、ウィジェットを貼り付けることで、ロックを解除しなくてもさまざまな情報を見ることが可能になったほか、「iCloud共有写真ライブラリ」と呼ばれる知人間で共有できる独立したiCloudのライブラリ、メール/メッセージアプリで送信を取り消したり、送信後に編集する機能、写真内のテキスト認識で日本語も対応するなどの進化点ががある。

ロック画面の時計のフォントを変更したり、人物写真を壁紙に用いると、自動で被写体を時間の前に表示したりする

さらにロック画面にウィジェットを貼り付けてカレンダーやニュースなどをチェック可能に

家族や知人との間で共有可能なiCloudのライブラリを独立して持つことができる

メッセージアプリで送信後に内容を編集する

 またiOS 15と比較すると、サポートデバイスが若干限定されているのもポイント。具体的にはiPhone 8以降(第2世代SE以降)に対応し、iPhone 6s/6s Plus/7/7 Plus/第1世代SEが外れている。なお、現時点でiOS 16にアップグレードしない選択肢として、iOS 15のセキュリティアップデートである「iOS 15.7」も用意されている。

ついにiPhone 6sや第1世代のSEなどがサポートから外れた


■関連サイト

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう