週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

気になるアツアツ具合は……?

意外!リゾットのデリバリーってあるんだ!!「出来立てリゾット」がウリのお店を体験

2021年12月08日 10時30分更新

 こんにちは、おいしいお酒とおいしいごはんがだいすきな胃下垂ライター"やまお"こと山口真央です。

 最近、自宅でお米からリゾットを作るのにハマっています。お昼に食べたパスタソースの残りや、冷蔵庫にある卵を食べきりたいとき、チーズが残ってしまった時などなど、お米からじっくりとフライパンで作るリゾットがおいしいんです……。

 そういえばリゾットって、デリバリーでは見たことないな~。やっぱりデリバリーしているうちに冷めちゃうし、固くなっちゃうのかな。冷めたリゾット、あんまりおいしくないもんね……。

 なんて思いながら探していたら、目に入ってきた「出来立てリゾット」の文字。「出来立て」っていうからにはアツアツほかほかリゾットが届くんでしょうね!? 半信半疑ながらも、おそるおそるオーダーしてみました!

「リゾット」のデリバリー、「アツアツ」なのか気になりますよね?

「出来立てリゾット RISOTTO STANDARD」 ※画像はUber Eatsから

 今回Uber Eatsでデリバリーをお願いしたのは「出来立てリゾット RISOTTO STANDARD」さん。最近はやりの「デリバリー専門店」のようで、都内や大阪に数店舗拠点がありますが実店舗での販売情報は見当たりません。この業態のブームはしばらく続きそうですよね。

「明太子リゾット」

 お願いしたのは各種フードデリバリーサービスで「定番」と表示のあった「明太子リゾット」。

 届いたときのアツアツ感はというと……「ちょうどよいアツアツ!」でした! 口に入れても「アッツ!」とはならないですし、おいしく食べられる温度で届きました。ただし、容器は普通のプラスチック容器。特に保温容器のわけではないので、このアツアツ感はデリバリー距離によりそう……。

こんな状態で届きましたよ!

 容器のフタは上部に穴がついていました。試してはいないですが、もしかしてレンジで再加熱ができる……? ただ、レンジ対応容器という説明はなかったので、安全にいくならチンする際には別容器に移すのがよさそうです。

おこめの食感は◎

 ではリゾットをいただきまーす! スプーンをさしこむとクリーミーなおこめから、ふわっとチーズの香り……。おこめは少し固めで、やまおの好みでした~! 黒コショウと白ごまのコントラストもたまりません。

見えますか? チーズが糸を引いています

 写真では上手に映ってないのですが、少しチーズが糸を引いているのがわかりますか…? たっぷりチーズが口から鼻に抜け、なんともここちよい……。

明太子とチーズが最高!

 明太子もチェックしていきましょう! 明太子と言いつつ辛さはほとんど感じず、たらこに近い甘さがありました。トロッとした塩味が、クリーミーリゾットに合う~~! 私はお行儀が悪いのですが、リゾットと明太子をかき混ぜて食べちゃいました。アクセントのきざみのりは、やっぱり明太子とハッピーなセットだよね★

リゾットの種類がたくさんあって楽しそう!

割引キャンペーンを実施中(2021年12月7日)

 リゾットのデリバリー、必ずしも「アツアツ」で届くかはわからないけど、少なくとも適度なホカホカ具合で届きました。どうしてもリゾットを食べたい気分の時にはいいかも。

 「RISOTTO STANDARD」では、このほかにも「温玉リゾット」「チキンカレーリゾット」といった定番メニューから、「ビビンバリゾット」「梅・大葉リゾット」のような変わり種もありました! 食欲がないときにも、するっといけるイメージ……? 今度は変わり種もためしてみよーっと!

 価格帯は1100円~1900円くらい。ただいまのぞいてみたところ、対象商品の割引キャンペーンをやっていました。気になった人はUber Eatsや出前館で「リゾット」と検索してみてください。

※「Uber Eats」での注文の場合、基本的に商品代とは別途、配送手数料(50円~)と、10%のサービス手数料がかかります。また、700円未満の注文の場合は別途150円がかかります。ただし、店舗によって条件が異なる場合があります。

■関連サイト

山口真央(やまお)

 北関東出身・都内在住のライター/編集者。音楽と本と野球とお酒、深夜ラジオがだいすきです。
Twitter:@kmiycan

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう