週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

クリーム!クリーム!クリーム!

人気のスイーツ「マリトッツォ」の専門店は種類が選べて楽しい!

2021年09月22日 10時30分更新

 こんにちは、おいしいお酒とおいしいごはんがだいすきな胃下垂ライター"やまお"こと山口真央です。

 SNSがきっかけで火が付き、現在はコンビニスイーツとしてもブームが巻き起こっている「マリトッツォ」。イタリア発祥の伝統的なお菓子で、ブリオッシュの生地にたーっぷりの生クリームをはさんだものですが、その見た目と「映え感」から、今いたるところで見かけるようになりました。

 今回はそんな「マリトッツォ」のデリバリー専門店を発見! さっそくおうちで楽しんでみます!

デリバリーのマリトッツォ専門店「カッリーノ」

 今回「Uber Eats」でデリバリーをお願いしたのは、マリトッツォの専門店「carino(カッリーノ)」。東京エリアに数店舗を構え、できたてマリトッツォをデリバリーしてくれます。千駄ヶ谷、高田馬場、中目黒、渋谷などに出店しており、デリバリーのみで店頭での販売はない模様。最近はこうした実店舗をもたない「デリバリー専門店」も増えてきましたよね。

マリトッツォデリバリー専門店「carino(カッリーノ)」
※画像はカッリーノUberEatsページから

 クリームをはさんだシンプルなマリトッツォだけでなく、カッリーノのマリトッツォはその豊富なメニューが特徴。フルーツのトッピングやシナモン、あずきなどのマリトッツォも取り扱っています。

「選べる2種のマリトッツォ」UberEatsでの商品価格990円

 カッリーノのマリトッツォは、ほとんどが2つセットでの販売。今回は「選べる2種のマリトッツォ」メニューから「ストロベリーソースマリトッツォ」「バナナマリトッツォ」をチョイス。ソースはあとがけになっていました! うーん、これだけで映え~……!

ストロベリーソースは後がけ。

 ストロベリーソースは別容器に入って到着。果肉感があり、酸味のあるソースがホイップの甘みを中和。ストロベリーとホイップは永遠のベストコンビですよね…!

!!!!!
自分でソースかけるのは難しい。

 さっそくストロベリーソースをマリトッツォにオン! ……ちょっと失敗して、包み紙にこぼれてしまいました……。不安定なので、お洋服にこぼさないよう気を付けてくださいね!

こちらは最初からバナナが入っています。

 お次はバナナマリトッツォ。こちらはバナナの厚い果実がドーン! そのうえから粉砂糖がかかっているので、もうとにかく甘い逸品。甘党の私、大満足です。ちなみにクリームは甘さ控えめな大人味。ほんのりとした甘みは感じられるのですが、しつこすぎず、「もう3つくらい食べられちゃう」と思えるようなマリトッツォでした。

 季節のマリトッツォにも惹かれます♡

 この「選べる2種のマリトッツォ」はUberEatsで990円。そのほか同じ味のマリトッツォが2つセットになったものや、期間限定のセットなどが用意されています。秋らしく「アップルキャラメル」「アップルシナモン」といった惹かれるメニューもありましたよ!

 UberEatsなどのデリバリー、どうしても「頼むならがっつりごはんを!」とお願いしてしまいがちなのですが、こうやってちょっとしたスイーツも頼めるのがうれしいですよね。どんどん活用していきたい……!(タピオカとかもチャレンジしたーい)

※「Uber Eats」での注文の場合、基本的に商品代とは別途、配送手数料(50円~)と、10%のサービス手数料がかかります。また、700円未満の注文の場合は別途150円がかかります。ただし、店舗によって条件が異なる場合があります。

■関連サイト

山口真央(やまお)

 北関東出身・都内在住のライター/編集者。音楽と本と野球とお酒、深夜ラジオがだいすきです。
Twitter:@kmiycan

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう