週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

重い! デカい! 冷える! 超大型ヒートシンク

コスパ重視モデルとは思えない次世代インターフェースや巨大ヒートシンク搭載のマザーボードMSI「MAG Z590 TOMAHAWK WIFI」

2021年07月27日 11時00分更新

 MSIのゲーミングマザーボードでMAGシリーズ、中でもTOMAHAWKと言えばコスパのよい製品として知られる。それはIntel Z590チップセット搭載モデルでも受け継がれている。ただし、時代とともに進化を経たTOMAHAWKは、シンプルながらも高機能化が進み、一見すればこれがコスパ重視モデルとは思えないほど重厚感あるデザインへと生まれ変わった。

MAG Z590 TOMAHAWK WIFI 実売価格は2万8000円前後

MAG Z590 TOMAHAWK WIFIの主なスペック
対応ソケット LGA1200
チップセット Intel Z590
フォームファクタ ATX
メモリスロット DDR4 ×4(最大128GB)
対応メモリクロック DDR4-5333+(OC)~3000(OC)、DDR4-2933~2133
拡張スロット PCI Express 4.0 x16 ×1、PCI Express 3.0 x16(x4)×1、PCI Express 3.0 x1 ×2
ストレージインターフェース SATA3(6Gbps)×6、M.2(PCIe4.0 x4(Gen11))×1、PCIe3.0 x4/SATA(Gen10)×2
ネットワーク 2.5Gb LAN(Intel I225-V)、Wi-Fi 6E(Intel Wi-Fi 6E AX210)
サウンド 7.1ch HDオーディオ(Realtek ALC4080)
リアインターフェース USB 3.2 Gen2x2 Type-C×1、USB 3.2 Gen2 Type-A×1、USB 3.2 Gen1 Type-A×4、USB 2.0×2、DisplayPort×1、HDMI×1、オーディオ端子×3、S/PDIFなど
M/B上インターフェース RGB LEDヘッダー×2、アドレサブルLEDヘッダー×2、USB 3.2 Gen2 Type-C×1、USB 3.2 Gen1 Type-Aヘッダー×1、USB 2.0ヘッダー×2、Thunderbolt 4 AICカード用ヘッダー×1など
実売価格 2万8000円前後(7月20日現在)

重い! デカい! 冷える! 超大型ヒートシンク

 MAG Z590 TOMAHAWK WIFIを最初に手にした時、多くの方がその重さに驚くだろう。MAG Z590 TOMAHAWK WIFIはハイエンドモデルのようにバックプレートを採用しているわけではなく、拡張スロットスペースを大きく覆う一体型ヒートシンクを採用しているわけでもない。それなのに重量は1288gあった。

マザーボードの重量は実測で1288gもある

 ヒートシンクは、VRM(ソケット左と上)、3つのM.2スロット、そしてチップセットだ。試しにヒートシンクのみで重量を計測してみたところ581gだった。ヒートシンクのみで全体の約45%の重量があるわけだ。中でも特大なのがVRMの左部分。MSIのマザーボードではここ数世代おなじみのものだ。VRM上からバックパネルまで延長された特大サイズだ。

VRMヒートシンクはソケット上部と左部に分かれている。上位モデルのようにヒートパイプで結ぶものではないが、その代わりに超巨大だ

6つのヒートシンク部品だけで581g

 そのほかのヒートシンクは、デザインコンセプトとしては以前紹介した「MAG Z590 TORPEDO」と同一。ただし、3番目のM.2スロットにヒートシンクが追加され、上から2番目のM.2ヒートシンクが大型化している。ストレージの冷却性能を求める方は3つのM.2 Shield Frozrを備えるMAG Z590 TOMAHAWK WIFIに注目するとよいだろう。カラーリングはダークシルバー。MAG Z590 TORPEDOほど個性的な色ではないが、落ち着いた印象でほかのパーツとの相性もよい。

M.2ヒートシンクは中央#2がほかよりもやや大き目。少しずつ形状を変え、さらにナンバリングも施されているので、着脱時の組み間違えも防げる

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう