週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

Core i7-11800HにGeForce RTX 3050 Tiと最新スペック

ゲーミングPCに必須の高性能CPU・高性能GPU・高リフレッシュレート液晶を搭載、17万円台とコスパも優れた「Pulse GL66」で大量ベンチマークテスト

2021年06月25日 11時00分更新

中~高画質が狙えてリアルタイムレイトレーシングも試せるゲーミングスペック

 今回は本体そのほか各部を見ていく前にまず代表的なベンチマークのスコアと、どのようなタイトルがどのくらいのスコア、フレームレートで楽しめるのかを紹介しておこう。シリーズ最上位モデルではないが、シリーズ中位のGeForce RTX 3050 Ti Laptop GPU搭載モデルがどのくらいのパフォーマンスなのか参考にしていただきたい。以降、ノートPCで重要な電源設定は統合ユーティリティの「MSI Center」から「Extreme Performance」を選び計測している。

Extreme Performanceプロファイルで検証した

 3DMarkではFire Strikeが12396、Time Spyが5614。Fire Strikeで10000を超えているのでフルHD、中~高画質にフォーカスした十分な性能が期待できる。一方、DirectX 12ベースの高負荷の設定は荷が重い。たとえばリアルタイムレイトレーシングテストのPort Royalは804だ。同時にVRAM容量が足りないという警告も出た。GeForce RTXシリーズであるためリアルタイムレイトレーシングに対応しているものの、軽量タイトル中心でDLSSの併用が前提と考えるのがよい。

3DMark。Fire Strike(DirectX 11高負荷)のスコア

3DMark。Time Spy(DirectX 12高負荷)のスコア

3DMark。Port Royal(リアルタイムレイトレーシング)のスコア

 VRMarkではOrange Roomは7522、平均163.07fpsでターゲットフレームレートをクリアしており、Cyan Roomは5300、平均115.54fpsでこれもターゲットフレームレートをクリアしている。あまりにも重いものは別として、VR用途でも十分に通用するスペックと言える。

VRMark。Orange Roomのスコア

VRMark。Cyan Roomのスコア

 FINAL FANTASY XV WINDOWS EDITION ベンチマークでは、1920×1080ドット、高品質設定で5396(やや快適)、標準品質設定で7673(快適)、軽量品質設定で9920(とても快適)といった評価だ。

FINAL FANTASY XV WINDOWS EDITION ベンチマーク。高品質のスコア

FINAL FANTASY XV WINDOWS EDITION ベンチマーク。標準品質のスコア

FINAL FANTASY XV WINDOWS EDITION ベンチマーク。軽量品質のスコア

 PHANTASY STAR ONLINE 2 NEW GENESIS CHARACTER CREATORでは、1920×1080ドット、画質:ウルトラ(6)設定で4311(画質設定引き下げ推奨)、スーパー(5)設定で4867(画質設定引き下げ推奨)、高(4)設定で6144(標準的な動作)、中(3)設定で15897(快適に動作)といった評価だ。

PHANTASY STAR ONLINE 2 NEW GENESIS CHARACTER CREATOR。ウルトラ設定のスコア

PHANTASY STAR ONLINE 2 NEW GENESIS CHARACTER CREATOR。スーパー設定のスコア

PHANTASY STAR ONLINE 2 NEW GENESIS CHARACTER CREATOR。高設定のスコア

PHANTASY STAR ONLINE 2 NEW GENESIS CHARACTER CREATOR。中設定のスコア

 World of Tanks enCore RTでは超高プリセットで21704(素晴らしい結果)。超高プリセットをベースにレイトレース影を最小から最大まで1レベルずつ引き上げてみると17542>16258>14680でいずれも素晴らしい結果という評価だった。

World of Tanks enCore RT。レイトレース影(高)のスコア

World of Tanks enCore RT。レイトレース影(最高)のスコア

World of Tanks enCore RT。レイトレース影(超高)のスコア

 Assassin's Creed: Valhallaでは1920×1080ドット、高画質設定時で27fps、中画質設定で69fps、低画質設定時で82fps。高画質と中画質での差が大きいが、これは高画質設定時にグラフィックスメモリが4GBでは足りていないところが理由だ。

Assassin's Creed: Valhalla。高画質設定のスコア

Assassin's Creed: Valhalla。中画質設定のスコア

Assassin's Creed: Valhalla。低画質設定のスコア

 Tom Clancy's Rainbow Six Siegeでは、1920×1080ドット最高画質設定で228fpsだった。最低fpsも175fps出ていることから144Hzパネルの評価機ではV-SYNCオン(144Hz)として問題ない。

Tom Clancy's Rainbow Six Siege。高設定のスコア

Tom Clancy's Rainbow Six Siege。超高設定のスコア

Tom Clancy's Rainbow Six Siege。最高設定時のスコア

 このようにやや重めのタイトルも中~高画質で30~60fpsの快適なフレームレートが得られ、eスポーツタイトルでは高画質設定で144fps超を満たすことができた。

 なお、動作音はExtreme Performance設定でも一般的なゲーミングノートPCレベルかやや静かな部類ではないかと思う。

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう