週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

ミドルの価格でぶっちぎりの快適さ! ドコモ「LG style3」は高コスパが光る1台

2020年08月01日 12時00分更新

 今回レビューするのは、ドコモの「LG style3 L-41A」。4Gモデルの新ラインアップとして6月25日から販売されている本機種は、同社が取り扱ってきたミドルレンジの「LG style」シリーズの3世代目となるモデルです。

 国内の取り扱いはドコモのみ。カラーは「オーロラホワイト」「ミラーブラック」の2種類で、価格は4万1976円(税込)となっています。

 今回は1週間ほどLG style3を使う機会を得ることができました。前機種のLG style2は上質なデザインと大容量バッテリーが特徴で、ワンセグやおサイフケータイにも対応する点が魅力でしたが、LG style3はどう進化しているのでしょうか。レビューをお届けします。

手になじむコンパクトさ
上品なデザインが良い

 まずは本体を見ていきます。前機種と比べると、見た目もサイズもすっきりした印象。側面は丸みがあってグリップしやすく、持っているとその軽さにも気づきます。コンパクトでとてもよく手になじみ、ポケットに入れても邪魔にならないでしょう。

サイズは約72×152×8.7mm、重量は約160g

本体右側に電源ボタンとSIMカードスロット

左側に音量ボタンとAIキー

下部にはUSB Type-Cポート、イヤホンジャック

 本体左側にはGoogleアシスタントを呼び出せるAIキーを搭載。右手で持つとちょうど人差し指が当たる位置にあります。

人差し指で押せる位置

 前機種の特徴だった上質なデザインはしっかり受け継がれています。今回お借りしたのは「オーロラホワイト」。背面は光の反射で色味を変えますが、決してギラギラと輝くのではなく、落ち着いた色合いのうちにわずかな変化を楽しめます。老若男女問わず使えるデザインではないでしょうか。

ギラつかない上品な色合い

 TFT液晶だった前機種から変わって、LG style3は有機ELディスプレーを採用。サイズは約6.1型、解像度は3120×1440ドットのQuad HD+と性能が上がっています。ベゼルもすっきりしていて見やすく、動画視聴も十分なクオリティーで楽しめるでしょう。ただ、ディスプレーを斜めから見ると色味が変わる(やや赤みがきつくなる印象)点は気になりました。

iPhone(右)と比較。ノッチは切り欠き型になった

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう