週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

ミドルの価格でぶっちぎりの快適さ! ドコモ「LG style3」は高コスパが光る1台

2020年08月01日 12時00分更新

価格以上の高性能CPUを搭載

 OSはAndroid 10、CPUはSnapdragon 845を採用し、メモリが4GB、ストレージは64GBとなっています。

 このSnapdragon 845というのは、これまでXperia XZ3やGalaxy S9、Google Pixel 3/3Lなどの旧世代のハイエンドモデルが搭載していたプロセッサーです。現在はさらに高性能なものが出ていますが、Snapdragon 845はまだまだ快適に使える性能を備えています。実際にLG style3はサクサクと動作し操作がもたつくこともありませんでした。グラフィックに優れるゲーム(今回はPUBG MOBILE)でも処理落ちせずにプレイできました。

AnTuTu Benchmark(左)とGeekBench(右)で計測したベンチマーク。ミドルハイ相当のスコアだが、それ以上に動作の快適さを感じた

 同じ価格で販売されている「Xperia 10 II SO-41A」のCPUはSnapdragon 665。実際に操作しないとわかりませんが、数値だけで見ると動作の快適さではLG style3が大きく上回るのではないかと思います。

 バッテリー容量は3500mAh。前機種(3900mAh)から少し容量が減りましたが、それでも普段使いには十分なはず。電池持ちが不安になったときは、バッテリーセーブ機能があります。

2段階のモードが用意されている

 そのほか、Always On Displayの設定もできます。表示するイラストやアイコンがたくさん用意されているのもちょっと楽しいポイント。アプリアイコンは自分の見やすい表示サイズにカスタマイズできます。ゲームプレイ中は画面に「ゲームツール」アイコンが表示され、プレイ中の通知や画質の設定を変更できます。

表示するイラストや画像を選べる

スマホ初心者にも使いやすい

ゲームプレイに関する設定を変更可能。解像度やフレームレートも変えられる

 生体認証は指紋認証に対応。反応も速く、スムーズにロック解除できます。防水(IPX5/8)と防塵(IP6X)性能も備え、おサイフケータイにも対応します。ハイレゾ再生も可能です(対応スピーカー、イヤホンが必要)。ワンセグ/フルセグには非対応なものの、あると便利な機能をほぼそろっています。

指紋センサーは背面中央に搭載。触れやすい位置にある

【まとめ】操作の快適さが何よりも魅力
使い勝手の良い1台

 LG style3の最大の魅力は、動作の快適さです。約4万円でこの高性能なCPUを搭載している機種はめずらしく、実際ドコモの同じ価格帯である「Xperia 10 II」「Galaxy A41」がエントリー~ミドル下位のCPUを搭載していることを考えると、大きなアドバンテージであるといえます。普段使いで困ることはまずないでしょうし、ゲームや動画を楽しみたいユーザーにも応えうるスペックです。

 防水・防塵、おサイフケータイに対応するのもうれしいポイント。また、個人的にはデザインも気に入っています。最近はビビッドな色合いで最先端を感じさせるスマホも多いなか、この落ち着いたカラーリングは他の持ち物とも調和しそうです。

 繰り返しになりますが、約4万円でこのハイパフォーマンスぶりは魅力。5万円以下で使い勝手の良いスマホを探している方は、ぜひ検討してみてほしい1台です。

ドコモ「LG style3 L-41A」の主なスペック
メーカー LGエレクトロニクス
ディスプレー 6.1型有機EL
画面解像度 1440×3120ドット
サイズ 約72×152×8.7mm
重量 約160g
CPU Snapdragon 845
内蔵メモリー 4GB
内蔵ストレージ 64GB
外部ストレージ microSDXC(最大1TB)
OS Android 10
無線LAN 11ac(5GHz/2.4GHz)
カメラ アウト:4820万画素
+500万画素/イン:810万画素
バッテリー容量 3500mAh
防水/防塵 ○/○(IPX5/8 IP6X)
おサイフケータイ/NFC ○/○
ワンセグ/フルセグ ×/×
生体認証 ○(指紋)
USB端子 Type-C
SIM形状 nanoUIM
カラバリ オーロラブラック、ミラーホワイト

■関連サイト

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう