週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

世界で高い評価を得た“銃で戦うソウルライク”、「レムナント:フロム・ジ・アッシュ」が日本語ローカライズでPS4に登場!

2020年06月24日 11時00分更新

ボスを倒して強力な装備を取得

トレイトでスキルを割り振れる。割り振る項目はゲーム進行とともに増加

 もちろん、経験値による強化要素も存在する。キャラクターは一定の経験値を得るか、マップなどで手に入るアイテム「知識の書」を入手することで「トレイト」を1つ取得する。トレイトは言わばスキルポイントであり、これを割り振ることでステータスを伸ばしていける仕組みだが、最初に選べる強化項目は3つのみで、ゲームを進行することで割り振れる項目が増えていく。

 特定のアーカイブを見ることで開放されるトレイトの強化項目などもあり、強化できる要素は「体力の向上」「MODパワー生成量アップ」のような基本的なものから、「武器の持ち替え速度アップ」「敵の感知範囲減少」といったややトリッキーなものまで、非常に豊富だ。初期状態ではとにかく死にやすいため、最初は体力を増やすことをすすめたい。また、後半はダメージアップに直結する強力な効果も得られるようになるため、そういった要素は優先的に上げていこう。

あらたな武器やMODはマップで拾うか、ボスの素材から作成する。武器の場合、強化にも素材が必要になる

恒常的に使える回復アイテムである「ドラゴンハート」も、強化により使用回数を増やせる

 このようにステータスを強化しつつステージを攻略していくことになるが、特定のボスを倒すことで武器やMODが作成できるので、この点も忘れないようにしておこう。ボスの武器には強力な専用MODが付与されていたりするので、手に入れたらとりあえずクラフトで作成してみることをおすすめする。ただし、ゲームシステムの都合上1度のプレイでは出会えないボスなども存在するため、入手できる武器や防具にも違いが出てくることには注意したい。

Co-opによる最大3人での協力プレイも可能。敵もやや強くなるが、MODなどの連携が噛み合えば爽快感は抜群

 なお、本作はCo-opによる最大3人までの協力プレイが可能だ。ホストプレイヤーのマップを共同で攻略することになるが、ほとんど最初から最後まで一緒に攻略に関われるため、一緒にプレイするフレンドがいる場合は共同でクリアを目指してみるのもいい。また、いわゆるオートマッチングも利用できる。

 各プレイヤーがMODを活かして立ち回ると爽快感は抜群だが、マッチング後の攻略対象はホストとなるプレイヤーのワールドで、敵の強さは参加プレイヤーの武器や防具の強さにより調整される。レベルの高いプレイヤーがレベルの低いプレイヤーとマッチングした場合、低レベルのプレイヤーにとってはやや辛い難易度になるため注意したいところ。現行のオートマッチングではこうした事態が頻繁に起こるため、ある程度武器や防具を強化してからマルチプレイに臨むという選択肢もあるだろう。

 仮に体力がゼロになっても、一定時間内であれば他プレイヤーの蘇生を受けることが可能だ。人数が減ると一気に不利になるため立て直しはなかなか大変だが、一応の保険にはなる。また、マルチプレイで効果を発揮するステータスも存在するため、フレンドとのプレイを前提にしたキャラクタービルドに挑戦するのも悪くない。

高難度とキャラクタービルドの楽しみが噛み合った良作

探索で出会う謎の存在・ルートマザー。プレイヤーを導く彼女の目的は不明だ

荒廃した地球に突如現れた謎の建造物。この先には……

 総じて「レムナント:フロム・ジ・アッシュ」は、意欲的な要素を多く取り入れた良質なアクションRPGゲームだ。キャラクター強化やMODが十分ではない序盤には若干の辛さがあるが、ゲームシステムを理解し、敵を次々倒せるようになった頃には、序盤の苦労を払拭するだけの達成感が得られるだろう。

 周回ごとにボスを探し、新たなトレイトや武器、MODを手に入れる楽しみが用意されているのも、やりこみ派のユーザーにとってはありがたい点だ。高難度ゲームに挑むのが楽しみというゲーマーはもちろん、ひたすら自分のキャラクター強化を突き詰める、複数キャラでさまざまなビルドを楽しむなど、幅広いプレイスタイルに対応できる点も評価したい。

(提供:DMM GAMES)

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう

この連載の記事