週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

みんなでボスをフルボッコ! ワイワイ遊ぶマルチプレイが楽しい非対称対戦アクション「BOSSGARD」

2020年07月03日 13時00分更新

 DMM GAMESから2020年7月2日に発売する「BOSSGARD(ボスガルド)」は、最大6人でワイワイ遊べるマルチプレイアクションゲームだ。本作の特徴は「ボス戦」に特化したゲームシステム。一般的な対戦ゲームは、参加プレイヤーがほぼ同じ条件のもと、均等な人数でチームに分かれて戦う場合が多いが、「BOSSGARD」は異なる。

 1人がボスを操作し、他の参加者はヴァイキング(襲撃者)になり、ボスの討伐を目指す。本作が「非対称マルチプレイヤー・ボス・バトル」と謳っている所以だ。

 大勢で1体のボスをボコボコにするのは卑怯……と思うかもしれない。しかし本作の「ボス」は超強力で、ヴァイキングたちが束になって襲いかかっても簡単には倒せないほどだ。ボスと名乗るだけのことはある。

 本作はPC版とPlayStation 4、Nintendo Switchがあるが、今回はPC版を先行プレイした際の様子を紹介する。なお、価格はどれも2420円とリーズナブル!

ボス対ヴァイキングの熾烈なオンラインバトル

 ゲームの流れはいたってシンプル。メニューから「プレイ」→「オンライン」を選択すると、待機中の部屋に参加したり、自分の部屋を作れる。自分で部屋を作る場合は、参加人数やルールなどを設定可能だ。

 部屋に入ったら、各プレイヤーはボスかヴァイキングか、プレイしたい方を選択する。前述した通り、ボスは1人で戦い、ヴァイキングは仲間と連携してボスを倒す。

 全員の準備が終わるとバトルスタート。試合が始まると、画面上部にボスとヴァイキングの体力ゲージ(HP)が1つずつ表示される。ヴァイキングで参加したプレイヤーは、それぞれ個別のHPゲージの他に、1つの共有体力ゲージをシェアしており、ヴァイキングの誰かがダメージを受けたり復活(リスポーン)したりするたびにゲージが減っていくため、協力プレイが必要不可欠になる。

 そして勝敗のルールは、どちらかのゲージがゼロになったら試合終了。とてもシンプルでわかりやすい。

個性的なボスを操り、ヴァイキングの雑魚どもを蹴散らそう

 「BOSSGARD」は、登場するボスやヴァイキングが個性的でおもしろい。特にボスのデザインが秀逸で、巨大なパンやトイレ清掃用具のシュコシュコ(ラバーカップ)、目と口のついたサイコロなど、恐ろしいと言うよりもバカっぽい(シツレイ)ボスだらけ。

●オラフ・オブ・ブレッド

食パンのカタチをしたボス。身体でヴァイキングを下敷きにする

●プランジ・D

トイレが詰まったときに使うラバーカップのボス。柄の部分を使ってヴァイキングをひっぱたく

●バー・ブート

ぐるぐる転がりながら体当たりで攻撃するサイコロのボス。さいの目から触手のようなモノが伸びて、けっこう気持ち悪い

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう