週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

Playstation 5に新型コロナの影響なし、ソニー吉田CEO

2020年06月18日 09時00分更新

今回のひとこと

「ソニーの役割は、感動を作り、届け続けることである。音と映像の感動コンテンツを届け続ける社会的意義を、いまほど強く感じたことはない」

(ソニーの吉田憲一郎会長兼社長 CEO)

ソニーからソニーグループへ

 ソニーは、2つの大規模な組織再編に乗り出す。

 ひとつは、2021年4月1日付で、現在のソニー株式会社の商号を変更し、「ソニーグループ株式会社」を発足。ここに本社機能を集約する一方、「ソニー株式会社」の商号は、エレクトロニクス事業を行うソニーエレクトロニクス株式会社が継承することになる。

 ソニーの吉田憲一郎 会長兼社長 CEOは、「創業以来、ソニーが送り出してきたエレクトロニクス製品は、ソニーというブランドを築き上げてきた主役である。エレクトロニクス事業は、ソニーグループの祖業である。今後は、ソニーの商号を受け継ぎ、価値向上を目指す」と語り、「高付加価値商品に注力してきたエレトクロニクス領域においては、クリエイターから、ユーザーまで、音、映像、通信の技術によって、リアリティやリアルタイムを極める商品、サービスを展開。さらに、今後は、リモートを極めていくことになる」と、エレクトロニクス事業の新たな取り組みを示した。

 本社機能を集約するソニーグループには、6セグメント9人の事業トップで構成。「事業ポートフォリオ管理とそれに基づくキャピタルアロケーション」、「グループシナジーと事業インキュベーションによる価値創出」、「イノベーションの基盤である人材と技術への投資」の3つが主なミッションになる。

 「各事業体とグループ本社との人材交流などを通じて、多様性を生かし、長期視点でのグループ全体の価値向上を図る」とする。

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう