週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

ケンタッキーの数量限定メニュー

ケンタ新作「ピリ辛坦々ツイスター」はザ・ビールのおつまみ

2020年04月24日 18時50分更新

文● ナベコ 編集●ASCII

ナベコです。オリジナルチキン以外のケンタッキーメニューも要チェック。

 ケンタッキーフライドチキンは「ピリ辛担々ツイスター」を4月22日から数量限定で発売中。単品で税込340円。

 “ツイスター”とはチキンや具材をトルティーヤで巻いたラップサンドのようなメニューです。手をあまり汚さずワンハンドで食べられるのが手軽だしイケてます!

 辛いもの好きな私としては“ピリ辛坦々”って惹かれます。さっそく買ってきました。

「ピリ辛担々ツイスター」

 ケンタに行くといつもオリジナルチキンに飛びついてしまって、このツイスターは1度くらいしか買ったことありませんでした。

 メニューには具材が飛び出しているようなイメージ写真がのっていますが、実際はこのようにトルティーヤでしっかりと巻かれているのですね。

ケンタッキーのツイスターは、"ラップサンド"のようなんですね。

 中身が見えないので、開いてみます。

 グチャッ。

うっ。

 ……とした感じに見えてしまいますが、いろいろな具材がくるまれているので仕方がない。それがツイスターの世界。ツイスターの宇宙。

メインは「カーネルクリスピー」です。鶏むね肉の骨なしチキン。

 具材はケンタの小さめ骨なしチキンとしておなじみの「カーネルクリスピー」と、千切りキャベツ、コチュジャンで味付けをした大麦と発芽玄米のライスフィリング。それと、特製マヨソース、担々風のピリ辛胡麻ソースが入っています。

 カーネルクリスピーが主役! ツイスターの定番の味である「ペッパーマヨ」「てりやき」もカーネルクリスピーがメインなんですよ。

いただきまーす!

 写真のために半分にカットしましたが、本来はサンドをそのままむんずといきたいところでした。

 では! ガブリ!

 坦々とマヨのガツンとした組み合わせが飛び込んできます。わ、わ、わ! おいしいけど、なかなかに濃厚でけっこうジャンク。例えばエビチリとエビマヨを両方同時に食べたような。アメリカンなチャイニーズの味、といえば伝わるでしょうか!?

ピリ辛×マヨでもったりとした重量感。アメリカンチャイニーズのようなイメージ。お米が存在感ありました。

 おや、と思ったのはライスフィリング。プチモチとした食感のお米が入っているではないですか。欧米ではライスも野菜の一種として扱うことがあると聞いたことがあります。

 お米はソースの味を吸って、少量ながらも、強い。ここにいるぞとしっかり主張します。ライスフィリングは他の味のツイスターには入っていないので、“ピリ辛担々”ならではのトッピング。お米がちょっとあるとやはりお腹にたまりますね!

 「ピリ辛担々ツイスター」は、濃厚ピリ辛ソースとマヨの組み合わせがジャンクみ一品。お酒が飲める人は間違いなくビールが欲しくなります。家飲みの際にどうでしょう!

ケンタのツイスターは、レギュラーメニューに「てりやき」「ペッパーマヨ」があります。野菜や主食(トルティーヤ)も一緒に食べられるのがポイントですよ。

■関連サイト

ナベコ

酒好きライター、編集者。カンパイからすべてが始まるはず。「TVチャンピオン極~KIWAMI~ せんべろ女王決定戦」に出演するなど酒活動しつつ食トレンドを追っています。♪アスキーグルメでおいしい情報配信中♪

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう