週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

文句なしの性能、5G対応SIMフリースマホ「HUAWEI Mate 30 Pro」の実力をチェック

2020年04月17日 12時00分更新

SIMフリーでも5G通信が可能、その実力は?

 もう1つ、性能面で確認しておきたいのがネットワークだ。HUAWEI Mate 30 Pro 5Gは2つのSIMスロットを備え、デュアルSIM・デュアルVoLTEに対応しているだけでなく、HUAWEI Kirin 990の搭載によって5Gによる通信も可能なのだ。

 スペックシートを確認すると、HUAWEI Mate 30 Pro 5Gが対応している5Gの周波数帯は6GHz以下の「サブ6」と呼ばれる帯域。ドコモ、au、ソフトバンクが持つサブ6の帯域(n77、n78、n79)はすべてカバーしていることから、国内3社の5G対応SIMを挿入することで、5Gの通信が利用可能になる。

もちろん5Gによる通信も可能であり、国内大手3社の5Gに対応している

 今回はあらかじめ5Gに対応した端末をお借りすることができたので、実際にドコモの5G対応SIMを挿入し、5Gエリアの1つである東京スカイツリーで5Gのスピードテストを実施した。使用したのはAppGalleryでも配信されている「Speedtest.net」である。

 だが試してみたところ、スピードテストが途中で終了してしまうケースが少なからず発生したほか、時折5Gの接続が切れてしまい、アンテナピクトが「4G+」になってしまうこともあった。また、測定できた最大値も下りで600Mbps台と、同じくレビュー用にお借りしていたドコモ版の「LG V60 ThinQ 5G」の測定値(700Mbps以上を記録)と比べ低めになるなど、全体的に安定感に欠けていたというのが正直な所でもある。

5Gのスピードテストをしてみたところ。ソフトウェアの影響からか、通信速度は速くても下り600Mbps台にとどまっていた

 もっともこれは、あくまで正式な5G対応のソフトウェアアップデートが実施される以前のバージョンで試した結果なので、あくまで参考程度に。正式アップデート後に通信が安定する可能性は十分考えられることから、今回は時間の都合上試すことができなかったものの、機会があれば再び検証してみたいところだ。

【まとめ】ハードは申し分ないがそれを生かすアプリの不足が惜しい

 改めてHUAWEI Mate 30 Pro 5Gの内容を振り返ってみると、やはりカメラ性能を筆頭に、機能・性能面では申し分ない完成度といえる。それだけに14万1680円(税込)と値段が張るのと、ボディーがやや厚くなったのは気になるものの、高級感のあるボディーとホライゾンディスプレイは魅力的であるし、暗所に強いカメラは、現在国内で販売されているスマートフォンの中では最強クラスであることに間違いない。

 それだけにやはり、Googleのサービスが搭載されておらず、AppGalleryもまだこなれていないことから、アプリやサービス面での不足が目立ってしまうのが残念でならない。充実したハード性能をフルに生かす上でも、何らかの形でサービスなど環境面の充実度合いが高まることを期待したい。

ファーウェイ「HUAWEI Mate 30 Pro 5G」の主なスペック
ディスプレー 約6.53型OLED(約18.4:9)
画面解像度 2400×1176ドット
サイズ 約73.1(W)×158.1(D)×9.5(H)mm
重量 約198g
CPU HUAWEI Kirin 990
2.86GHz×2+2.36GHz×2
+1.95GHz×4(オクタコア)
内蔵メモリー 8GB
内蔵ストレージ 256GB
外部ストレージ ○(NMカード)
OS Android 10(EMUI 10.0)
対応バンド 5G NR:N1/3/28(TX:703-733MHz、RX:758-788MHz)
/N38/41(2515-2690MHz)/77/78/79
LTE:1/2/3/4/5/6/7/8/9/12/17
/18/19/20/26/28/32/34/38/39/40/41
W-CDMA:1/2/4/5/6/8/19
4バンドGSM
DSDS ○(5G+4G DSDV)
CA対応
無線LAN IEEE802.11a/b/g/n/ac
カメラ アウト:約4000万画素(広角、F1.6)
+約4000万画素(超広角、F1.8)
+約800万画素(光学3倍、F2.4)
+3D被写界深度カメラ
/イン:約3200万画素
バッテリー容量 4500mAh
(40W急速充電対応)
防水/防塵 ○/○(IPX8/IP6X)
生体認証 ○(指紋、3D顔)
SIM形状 nanoSIM×2
USB端子 Type-C
カラバリ オレンジ
市場想定価格(税抜) 12万8800円
 
この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう