週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

やってやれないことはない:

クリスマス豪華ディナーを「コンビニで2000円以内」で実現する

2019年12月14日 17時00分更新

文● モーダル小嶋 編集●ASCII

肉料理:クリスマスらしくチキン!
定番中の定番「ななチキ」(188円)

クリスマスといえばチキンです。ターキーを用意したかったけれど、なかったので

 クリスマスといえばチキンです。ここは奇をてらってはいけません。王道中の王道、セブン-イレブン「ななチキ」(188円)です。コンビニで推しているものを選べばよろしいかと思います。フライドチキン系のホットスナックは、クリスマスなので各コンビニとも力を入れているため、品切れもあまりないでしょう。

フライドチキンがあると急にクリスマスめいてきますよね!

でも編集部で食べるんだよな ※後ろに写り込んでいるのは年末進行で忙しいジサトラハッチさんです

 イギリスではローストしたターキー(七面鳥)がクリスマス料理のごちそうとされます。ディケンズの「クリスマス・キャロル」の最後に出てくるのも、ターキーですからね。なので欧米諸国ではクリスマスにフライドチキンを食べるのは不思議に見えるそうです。まあ、ここは日本なので……。

口直し:あえて甘いものを
「アイスの実」でさっぱりしたい(180円)

さっぱりした口直し

 さて、フライドチキンを食べると、口の中がどうしても脂ぎってしまいます。そこで口直し。あえてのアイスをチョイスしました。とはいえ、濃厚なアイスクリームでは、すこし重たい。そこでグリコ「アイスの実<大人のショコラ>」(180円)です。ショコラアイスをくちどけのよいコーティングで包み込み、コク深く濃厚な味わいに仕上がっています。

手を汚さずに食べられるのがいいですね

 手を汚さずに食べられる点も評価したいです。「クリスマスのコース料理なんだから盛り付けが……」というご意見もあるかもしれませんが、そんなことを言い出したら、この企画自体が頓挫するのでスルーしましょう。

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう